永久の未完成これ完成: 羅須地人協会の「終焉」について
 賢治の花巻・羅須地人協会については、当時の社会情勢もあり、その真実の姿が見え難いことは否定できません。それだけに、解釈が色々分かれるし、さらに推量や憶測も加わり、そのためにまた羅須地人協会の真実の姿が見えなくなってしまう。賢治研究にとっては、まことに残念なことだと思います。研究の積み重ねにより、仮象が淘汰され真実の姿が残ることを期待しましょう。

 羅須地人協会のスタートについては、賢治が花巻農学校を退職してから、という点ではっきりしています。ただ1926年(大15・昭元)3月に退職し、下根子桜の宮沢家の別荘で賢治が生活を始めた時からでもいいし、準備を経て8月の正式の設立からとみてもいいでしょう。岩手日報などの報道もあったし、対外的にも注目を集めたスタートでした。
 問題は、順調に活動した二年ほどの後、当局の弾圧が強まり、労農党の党員がメンバーだったり、賢治もシンパとして活動していたりして、羅須地人協会の活動がマークされ始めた。とくに1928年(昭3)の3・15事件(共産党に対する弾圧)に続き、4月には労農党も解散に追い込まれ、さらに10月の岩手で初の天皇行幸啓による「陸運大演習」が行われた。この大演習も、「アカ狩り」を兼ねたものとも考えられます。すでに紹介した鈴木守『羅須地人協会の終焉ーその真実ー』の検証のように、賢治や羅須地人協会も巻き込まれ、被害を免れるために使われた方便としての「嘘言」もあったし、また真実を隠蔽する「虚構」の必要もあった。そうした「虚言」「虚構」をいかに評価するかは別にして、羅須地人協会がそれに巻き込まれながら、さらに賢治の病気や満州事変の勃発が続くことになる。こうした時代の激流による混乱に巻き込まれ、羅須地人協会の活動が呑み込まれてしまった。そこに「終焉」の「真実」がある。何となく「永久の未完成これ完成である」、賢治の「農民芸術概論綱要」の「結論」の言葉が気にかかります。
 
 羅須地人協会の活動を、下根子の別荘で行われていた「集会」だけに狭く限定してしまえば、集会に賢治が出席できず、メンバーが集まらなくなれば、羅須地人協会の「終焉」とみることも出来ます。ほとんどの説明も、そのようになっている。ただ、それについても上記の1928年(昭3)の労農党の解散、6月の伊豆大島への旅行、帰花して8月に病気を理由に宮沢の実家に帰り、「蟄居・謹慎」するまで、羅須地人協会が存続したことになる。しかし、同じように協会の「消滅」を主張する青江舜二郎は、エスペラントの習得との関連から「昭和5年、過労と栄養不良ですっかり体をこわし、自宅にかつぎこまれることで協会は消滅する」と説明されている。逆に、もっと早く昭和2年の段階で、岩手日報の記事など、官憲が動き出した時点で協会の活動が事実上終わってしまった、とみる説明もあります。理由はいろいろですが、羅須地人協会の活動を、下根子の別荘の「集会」に限定すれば、弾圧と賢治の病気で活動が停止したことは事実です。その意味では、「終焉」と表現することが許されるかもしれません。
 しかし、重要な点は、賢治も、協会メンバーも、羅須地人協会の「終焉」を対外的に明言したリ、宣言してはいない。スタートの時点で、新聞に大きく報道されたのに対応した、その解散とか終結とかの確認が存在しない。活動の停止をもって、一方的に第三者が、終焉や終結、消滅の宣告をしているだけなのです。しかもそれが、賢治の活動への絶望であり、挫折であり、思想的な清算、転向と看做されているのです。「賢治が長命であればーーー<満蒙義勇団>などの活動に、貧窮農民の救済のためと信じて、積極的に協力していった可能性は多分にある」といった議論、もっと酷いのは、「もし賢治が長生きしていたら、大東亜戦争の高揚に加担していた」という仮定の推測まであります。こうなると、賢治に代わり名誉毀損で訴えたくなる、そんな失礼な話もあります。それだけに、羅須地人協会の「終焉」はもっと慎重に行うべきだし、それが賢治や協会のメンバーに対する礼儀ではないかと思います。事実として確認されるのは、羅須地人協会の活動が、上記の理由で停止され、それが中断だったのが、賢治の病気,弾圧、満州事変、そうした事情で再開できずに、中断が永久の停止、まさに「永久の未完成」に終わってしまったのではないか?

 さらに問題なのは、羅須地人協会の「終焉」が語られる時に、賢治の親しい人への私信が証拠になっている点です。例えば澤里武治への書簡で「演習が終わるころはまた根子へ戻って今度は主に書く方へかかります」(昭和3年9月23日付)と述べている点が挙げられます。確かに、以前の下根子の活動に比べて「書く方」に重点を置くように読めますが、別に集会を止めるとか、羅須地人協会の解散の宣言をしている訳ではない。以前よりも書くほうを重視したい、と述べているだけです。また、つぎの書簡も「終焉」の証拠に挙げられますが、賢治が下根子の活動の時代を回顧し、親しかった愛弟子の伊藤忠一への詫び状とも言える書簡です。「殆んどあそこでは はじめからおしまいまで病気(こころもからだも)みたいなもので何とも済みませんでした。」(昭和5年3月10日付)これだけ読めば、「あそこ」は下根子の別荘で、その時は「心も体も病気みたい」で、それを反省し協会の会員に詫びているようにも読めます。しかし、伊藤忠一への詫び状だとすれば、協会の集会の活動そのものではなく、近くの「川のほとりを焼き払った」件で、賢治によって忠一が「一度、たった一度だけ大きな声で怒られたこと」を指しているのではないか?伊藤与蔵「賢治聞書」(『賢治とモリスの環境芸術』所収)には、「先生の怒り」として、詳しく事情が紹介されています。それを読めば、賢治が詫びているのは、忠一を叱ったこと、その叱り方に過ぎないのではないか?
 私信を利用するのは否定しませんが、私信はあくまでも私信、公的なものではない。私信をもって、公的だった羅須地人協会の活動の「終焉」を決定付けるのは疑問です。とくに伊藤忠一への詫び状などは、伊藤与蔵の「先生の怒り」の内容を知らなければ、第三者には良く分からない。また、第三者に分からないのが、そもそも私信であり、私信を使うことは慎重にすべきではないかと思います。賢治も人間ですから、感情の起伏は免れない。とくに賢治は、起伏の幅が大きいように見えますが、それだけに個人的な感情の変化が、とくに私信には出ることにもなったのでしょう。いずれにしても私信でも、羅須地人協会の活動を停止し、組織として解散したような意味で「終焉」は確認できないと思います。
 
 つぎに、「羅須地人協会」の活動の範囲です。別に法人化して、規約や定款があったわけではない。狭く限定すれば、上記のように下根子の「集会」だけになりますが、もともと羅須地人協会は近代的な学校制度を超えた「自由学校」だった。学校の教室での座学の形式にこだわらず、自然や田畑に入り、実習したり、農家の手伝いをしながら、農業・農村改革を進める教育だった。だから肥料相談所も作る、花巻温泉の花壇設計もやる、個別の稲作相談もする、農村を廻って多岐な活動を展開したのです。東北砕石工場の「技師」の仕事もまた、広義の羅須地人協会活動だったのではないか?賢治もそうだし、協力した協会メンバーも、広い活動に参加協力していたと思います。とくに官憲の弾圧が、演劇とか集会などの集団的活動に向けられていたので、そのため弾圧を逃れる手段として下根子の「集会」を一時的に停止し、組織の活動を防衛していたように思われます。それを姑息な手段と見るか、賢明な組織の防衛の方法と見るか、見方が分かれるかも知れません。しかし、あの時代の組織の運動としては、止む終えない方法だったと思います。
 また、すでに紹介したように、花巻「羅須地人協会」は、そもそもが花巻の地で孤立して始まったものではない。デンマークやイギリス、さらに東京や大阪の労働学校、近代的な義務教育の学校制度を超える、超近代の「自由学校」であり農芸学校だった。そうした新しい教育運動の高まりに賢治が花巻で応えようとした。そのためウィリアム・モリスのアーツ&クラフツ運動を受け止め、その上で「農民芸術概論綱要」が「教育基本法」だったのです。そして、そうした教育運動、農村改革運動だったから、伊藤七雄の「大島・農芸学校」や松田甚次郎の山形・新庄「最上共働村塾」などが計画され、立ち上がり活動した。姉妹校のネットワークです。しかも、伊豆大島では農産加工や水産加工の事業も計画され、そのために賢治は仙台・商工会議所の産業博覧会で関連資料を集めたし、山形・新庄では農村福祉の事業や、女性解放も活動の中に取り込んだ。賢治の花巻・羅須地人協会は、そうしたネットワークで考えれば、活動は多様だし拡大している。下根子の「集会」だけに狭く限定して、その「終焉」を論ずることは、賢治「羅須地人協会」の矮小化になるだけでしょう。

 「羅須地人協会」の真実と実像は、この時期の賢治研究により、今後さらに明らかにされると思います。ただ、賢治もそうだったし、協会に集まったメンバーも、弾圧や戦争、そして賢治の病気で中断されていた下根子の「集会」が再開され、皆で集まる日が来るのを待っていた、そのことだけは否定できないと思います。それは、伊藤与蔵「賢治聞書」に、満州事変のため召集され、1933年(昭8)賢治から「御武運之長久」を祈念する年賀状を貰った与蔵さんが、満州から大事に持ち帰った賀状を胸に、すでに他界した賢治を偲び、下根子の別荘を訪れたときの言葉です。
 「先生はいつも明るく話の途中によく笑われる方でした。昭和8年の1月に先生から筆元のしっかりした年賀状を満州でいただきました。私は先生が元気になられただろうとばかり考えていましたので、国へ帰ったなら又先生からいろいろ指導をいただけると思って楽しみにしていましたが、帰った時はもうお亡くなりになったあとでした。」
 賢治と与蔵さん達の思いは、ここで疑う余地はないと思う。その思いと共に、大島・農芸学校や最上共働村塾の活動は広がり、さらに2011年東日本大震災の復興の今日もまた、賢治精神が人々の胸に蘇ってくる。賢治の目指したイーハトヴォの世界、ウィリアム・モリスの二十二世紀の「理想郷」に向けて、我々が仙台・羅須地人協会を発足させた意図もまた、ここにあるのです。 


[PR]
# by kenjitomorris | 2014-03-11 20:59
新庄「最上共働村塾」の松田甚次郎


 2013年は宮沢賢治の没後80年でしたが、同時に山形県の最上・新庄で「最上共働村塾」、後に「土に叫ぶ館」と呼ばれましたが、それを興した松田甚次郎の没後70年でもありました。賢治の死後、山形の新庄で、新庄・羅須地人協会ともいえる理想郷イーハトーヴづくりを、丁度10年続けた賢治の後輩です。当時のベストセラーだった実践録『土に生きる』は、賢治精神を継承し、花巻・羅須地人協会の「教育基本法」だった賢治の「農民芸術概論綱要」から学び、それはまたウィリアム・モリスのユートピア思想でもあった。モリスー賢治ー松田甚次郎の農芸学校は、賢治がわざわざ足を運んで建設に協力した伊豆大島の伊藤七雄の「大島・農芸学校」と並んで、「芸術をもて あの灰色の労働を燃せ」の農民芸術による新しい農業、農村の復興を目指す地域づくりの「自由学校」だったのです。花巻・羅須地人協会の賢治の旗上げに応えて、伊豆大島では伊藤七雄が、山形の新庄では松田甚次郎が、近代化の犠牲となって疲弊し、「娘地獄」から抜け出すために農村の復興に立ち上がった。賢治の羅須地人協会は、花巻の下根子だけのものではない。そこで挫折し、敗北した訳では決してない。伊豆大島に、また山形・新庄の地に、日本の東北土着のアーツ&クラフツ運動として、新しい農芸ネットワークが形成されていたと思います。

 宮沢賢治1896~1933(明29~昭8)、伊藤七雄1898~1931(明31~昭6)、松田甚次郎1909~1943(明42~昭18)、一番先輩の賢治が37歳、七雄が33歳、そして甚次郎も44年の短い生涯だった。いずれも東北の農村の富豪の家庭に生まれながら、結核で若い命を運動に捧げた。賢治だけの羅須地人協会ではなく、三人の新しい農村運動、三人の協力した農芸学校、三人のアーツ&クラフツ運動のネットワークとして、羅須地人協会を位置づけた時、初めて賢治精神の力強さが理解できる。とくに賢治と甚次郎の間には、盛岡高等農林の先輩から後輩への、農民芸術の創造による農村振興への熱い思いが継承されていました。甚次郎は卒業に当たり、先輩・賢治から「小作人たれ」、そして「農村劇をやれ」と強く諭され、その感銘を胸に新庄に帰郷して「最上共働村塾」を立ち上げ、その生涯を捧げることになった。その甚次郎の没後70年を記念して、新庄市の「雪の里情報館」で記念の展示会が開催され、展示の最終日の1月12日には、甚次郎の研究と地域の演劇活動をしてきた近江正人氏(元新庄南高校長)の講演があった。仙台・羅須地人協会から出席した大平達郎さんが持ち帰った資料などを利用して、賢治と甚次郎の関係について以下紹介しましょう。

  甚次郎が生まれたのは山形・最上の稲舟村、鳥越の家老の家柄で、その後は帰農して祖父は鳥越村の戸長を務め、水田や山林経営を行う大地主、常雇人を30名以上も抱えていた。その長男として1923年(大12)県立村山農学校農業科に入学、26年に卒業して盛岡高等農林農業別科に入学、賢治の後輩として1928年(昭2)に終了しています。賢治の宮沢家もそうだし、七雄の伊藤家も水沢の大地主で事業家、いずれも東北の地方の富豪だし、いわゆる地主の金貸・商人資本として有力な地方の事業家の子息だった。だから、盛岡高等農林で学ぶことができたし、七雄は早稲田大学からドイツへ留学といった、当時の高等教育を習得した地域の学識者・インテリだった。だからこそまた、地域での改革運動もできたのでしょう。単なるプロレタリアートや小作人ではない、インテリゲンチィアだったのです。甚次郎は高等農林終了の前年、岩手日報に「農学校を辞し、新しい農村の建設に努力する宮沢賢治」の報道をみて、翌28年に秋田出身の学友と共に花巻・羅須地人協会を訪れ、賢治との運命的な出会いとなりました。 
 
 その際、「小作人たれ」「農村劇をやれ」と賢治に諭され、「最上共働村塾」を始めましたが、甚次郎たちは、事前に旱魃に苦しむ岩手県の赤石村を訪れている。当時、東北の農村は、赤石村はじめ凶作による打撃が大きく、農村の救済が叫ばれ、様々な救援も行われていた。しかし賢治は、単なる救援に対して、新しい農村建設として「小作人たれ」、農民芸術として「農村劇をやれ」と強く諭したに違いありません。たんに上から、また外からの農村救済には限界がある。農村再建のためには、農芸学校としての農民教育から、「農民芸術概論綱要」を教育基本法とする農芸の創造から、新しい村づくりを目ざす花巻・羅須地人協会の立場を訴えたのでしょう。その賢治の訴えに応えて、誠実な後輩の甚次郎が「最上共働村塾」を立ち上げたと思います。

 甚次郎の賢治訪問は、全部で3回行われ、いろいろ懇切な指導を受けました。2回目の訪問は、同じ1927年(昭2)の8月ですが、賢治の教えに従い甚次郎は父親から6反歩の小作田を借り受け、小作人として鳥越倶楽部を作る。地元の如法寺の青年住職・田宮真龍の協力を得ながら、農村劇「水涸れ」の上演の指導を受けるために、賢治を訪れました。その題名はじめ、演劇全般を指導して貰い、9月に鳥越八幡神社に土舞台を作り、上演に成功したようです。3回目の訪問は翌年1928年(昭3)8月ですが、賢治が過労で倒れた見舞いを兼ねて、鳥越倶楽部の活動などの指導を仰いだようです。しかし、この賢治訪問が最後になってしまったようで、1933年(昭8)9月には、賢治は他界します。甚次郎の鳥越倶楽部の活動は軌道に乗り、活動の場も大きく広がって1932年(昭7)8月には、元営林署の番小屋に念願の「最上共働村塾」が設立、2週間の青年講座が開かれました。ここで遂に、花巻・羅須地人協会の活動が、山形・最上の地に継承されたと言えるでしょう。

 しかし、花巻・羅須地人協会もそうでしたが、この時代は満州事変が勃発、左翼運動への弾圧も厳しく、「最上共働村塾」にも官憲の眼が光って来た。特高に狙われた、といわれます。しかし、1933年(昭8)には、第1回の有栖川宮記念更正資金を拝受したこともあり、共働村塾の活動は続けられました。その意味では、賢治精神の羅須地人協会の活動は、松田甚次郎の手で受け継がれたといえます。ただ、この継承と発展については、花巻・羅須地人協会との関係が問題になるでしょう。賢治の羅須地人協会が、官憲の弾圧もあり、賢治が挫折と絶望、そして転向していれば、甚次郎の継承も限定的になり、消極的なものになりかねない。しかし、すでに述べたように賢治の活動は、下根子・桜の別荘の集会は休止しましたが、肥料相談所や花壇設計、砕石工場など、死ぬまで続けられていた。反省の手紙などはありますが、とくに羅須地人協会の活動を、賢治らしく自己批判の末に解散宣言した訳でも何でもない。伊藤与蔵の「聞書」など、協会活動の再開を期待して満州から花巻に帰ってきました。だからこそ、賢治や協会のメンバーの活動再開への期待をつないだ点で、甚次郎は花巻・羅須地人協会の活動を積極的に継承したのです。

 それだけではありません。甚次郎の共働村塾は、「農民芸術概論綱要」の賢治精神を発展させ、様々な創造的活動を展開しました。すでに鳥越倶楽部の時代から、女性(母性)保護運動、共同保育活動、共同浴場、母の会や敬老会、さらに禁酒禁煙、有機農業や山岳立体複合農業、小農規模のデンマーク農法、生産・消費の協同組合など、多彩な活動が実践されました。これらの活動が賢治精神の創造的発展だったことは、甚次郎がベストセラー『土に叫ぶ』を上梓した時点で、改めて1938年(昭13)宮沢賢治の墓参、さらに「雨ニモマケズ」詩碑建立、続いて自ら編者になり『宮沢賢治名作選』(羽田書店)を刊行しています。甚次郎の最後は、大政翼賛会の地方支部役員など、右翼的思想に傾斜します。しかし、国民総動員で戦時体制に突入した中、それもまた生きていくための残された最後の手段だったのではないか?甚次郎は、1942年(昭17)宮沢賢治の10回忌に出席します。その後、賢治の招きに誘われるかのように翌43年8月4日、甚次郎もまた44歳で逝ったのです、合掌。

a0063220_1072671.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2014-02-07 07:40
「賢治とモリスの館」10周年記念です!
a0063220_07424631.jpg
例年通り、今「賢治とモリスの館」積雪のため、休眠中です。今年は雪が多いようですが、これからが心配です。4月、無事にオープンできることを祈りましょう。

さて、今年2014年は、「館」がオープンして10年になります。「モリスから賢治へ」の研究の傍ら収集した書籍やステンドグラス、そして二人の天才をテーマにしたイングリッシュ・ガーデン、そしてグリーン・ダイニングルームでの食事、モリスのユートピア、賢治のイーハトヴォを目ざした「館」作りも、10年で何とか軌道に乗りました。

昨年は、すでに紹介しましたが仙台のアイドル歌手ドロシー・リトル・ハピーが「館」を「ドロシーのお家」にしてフォトブックを出版、また仙台のタウン誌「仙台っこ」や「仙台発・大人の情報誌」『リらく』が大きく取り上げてくれたり、『河北新報』にも、賢治没後80年で「仙台・羅須地人協会」の発足と共に報道してもらいました。

さらに年末ですが、12月の初め、BS朝日のテレビ放送「鉄道・絶景の旅 スペシャル100作品記念」の大型番組で、仙山線・作並を代表するような紹介がありました。これで東京など全国から予約が殺到、テレビ効果が大きいのを思い知らされました。雪が降り始めたため、沢山のご予約を4月の「カタクリの季節」まで延ばして頂きました。カタクリの群生と共にお待ちしますので、お出掛け下さい。

このように「館」は軌道に乗って順調に走っています。10周年を記念して、「仙台・羅須地人協会」も震災の中で生きる賢治精神、モリスの豊かなユートピア思想、そして仙台・広瀬川水系から震災復興の地域づくりを始めようと、色々準備しております。今年も良い年でありますように。皆さんの変らぬご協力を切望します。


[PR]
# by kenjitomorris | 2014-02-02 20:29
大島・農芸学校と花巻・羅須地人協会(補足)
 今年は賢治没後80年、9月21日の賢治祭は参加者も多く、行事も多彩だったようです。例年通り、今年が4回目の参加ですが、イーハトーブ館で「賢治の里で賢治を読む」朗読会に参加、「シニアネット仙台」朗読グループ「注文の多い料理店」のメンバー10名が「なめとこ山の熊」を群読しました。この朗読会も、例年より参加グループが多くなり、割り当ての時間が短くなりました。3・11東日本大震災を体験し、明治三陸大津波(1896)、昭和三陸大津波(1933)の賢治の生と死から生まれた賢治文学、羅須地人協会などの生き様を学ぶ「賢治ブーム」を実感しました。
 

 朗読会への参加の機会に、今回も宮沢賢治記念館に立ち寄り、副館長の牛崎さんの計らいで、大島・農芸学校に関連した資料を頂戴しました。
 
 
      「 企画展示 大島「三原三部」展 宮沢賢治の原風景・パート3 」

 この企画展示は、1994年12月1日から95年7月31日まで、宮沢賢治記念館で行われ、監修・解説は萩原昌好(埼玉大学教授)でした。萩原昌好『宮沢賢治「修羅」への旅』(朝文社1994年12月刊)に、ほぼそっくり転載されていますが、19ページに及ぶ立派なパンフが作成され、そこに詳細な資料が掲載されています。大島・農芸学校を中心に、主要な論点に纏めて紹介しましょう。

 (1)賢治の大島旅行の目的は、もっぱら大島・農芸学校の設立に関する相談だった。
 賢治の大島訪問は、伊藤七雄氏の妹、伊藤チエとの関係が重視されているが、それは誤りであり訪問の目的は、ひとえに大島・農芸学校の設立にあった。その点は、「賢治に関する研究書や評論に、チエさんと賢治との関係(見合いとか結婚の対象とか)をさまざまに書いているが、昭和3年の6月に大島で会った時も<おはようございます><さようなら>と言った程度の挨拶をかわしただけで、それ以上のものではなかった。」という聞き書きが紹介されている。
 (2)大島・農芸学校との関係で、賢治は往路、仙台・水戸に立ち寄り、視察・見学している。
 賢治は、昭和3年6月7日に花巻を出発しているが、まず仙台で仙台商工会議所主催の「東北産業博覧会」を視察している。そこでは、とくに水産加工品、菓子など農産製造品など、重点的に見ている。その上で、父上政次郎あてに書簡を出しているが、「書簡中に水産加工品と農産製造品との連絡に着目している点に注目すべきで、これは大島での未来像を描く一資料ともなるし、自己の将来計画を立てる何かを模索しての発言とも思われる。」さらに夜行で水戸に赴くが、ここでも農事試験場に立ち寄っているが、「賢治は盛岡高等農林を卒業し、昭和3年にはすでに農学校教諭を辞して羅須地人協会を設立していたのであるから、専門的分野よりも練習生制度にむしろ自身も興味を示し、併せて大島の伊藤七雄氏の設立する農芸学校への参考資料を収集したものと考えられる。」このように農芸学校設立の基本的資料を整え、自分なりの理想と計画を準備して大島へ向かったのである。
 (3)大島・農芸学校に関する資料も沢山展示され、1931年(昭6)に開校したことは間違いないこと。
 大島・農芸学校の跡地の写真、跡地の2万坪の推定図、『島乃新聞』の農芸学校関連記事、生徒募集や「入学希望者心得」、名誉校長、校長、評議員、賛助員の連名による挨拶文、などが展示されている。ただ、昭和6年8月26日に伊藤七雄氏が死去、それでも大島支庁が翌昭和7年3月、市庁員一同が学校の継続を決めている。従って、農芸学校が計画倒れで消えたのではなく、設立され開校に漕ぎ着けたことは間違いない事実である。しかし、七雄氏の死去などの事情により、生徒募集がうまくいかず、その後自然消滅したのであるが、その点についても「結果として七雄氏の理想は成らず、立ち消えのような結果になった」とされている。
 (4)大島・農芸学校と花巻・羅須地人協会には、伊藤七雄と賢治の共通の理念で結ばれていた。
 大島・農芸学校は、結果的には自然消滅のような形で閉校になったが、展示では「七雄氏の情熱は一方ならぬものがあったと思われるものが現在遺されている。それは『藻屑の夢』と題する創作で、おそらくは未完成。<島乃新聞>と突き合わせてみると、農芸学校の夢を大島の航路の便を図ること、酪農の隆盛を意図するべく連合青年団の結成を願ったものと思われる。併せて、賢治の語る園芸面、農作面での方法が具体化されて居れば、七雄氏、賢治にとって、本来の<夢>の一端が具体化されたものを、と思うと返す返す残念である。」さらに昭和5年に七雄氏が「島乃新聞」に寄稿した文章には「最近では此の近代的渡世に中毒した様々な人々も沢山見受けられる様で、また一方には時代に遅れて日々生活難をかこつという人々もある。」「元々人々各頭髪より臓物に到るまで<私>というべき程の物もない訳で、精神も肉体も天地萬有の精華であります。だから根本から言いますと元々<私>とか<我>とか言うものは無いのでありまして、有ると思うのは一つの仮想であります。で社会の文化は刻々と変化しつつあるものでその組織生活方法に於きましては種々工夫も必要でありましょうが、要は社会の幸も不幸も、一身上の幸も不幸も只お互いが能く誠を尽して公に奉ずると否とに存すると信じます。」という個所に賢治の持つ理想と相通ずるところが見られる、と紹介されている。

 いずれにしても宮沢賢治記念館の「企画展示」は、大島・農芸学校について詳細に紹介し、賢治が伊藤七雄氏に協力しながら、花巻・羅須地人協会と緊密に連携し、組織的にもネットワーク化しようとしていた事情が明らかにされています。さらに、こうした協力体制の中で、花巻・羅須地人協会の活動そのものも、園芸面、農作面、酪農面など多様化することが模索されていたし、仙台商工会議所の「東北産業博覧会」視察を踏まえて、水産加工、農産加工への多角化が検討されていたことも窺われるます。
 ただ、伊藤光弥『イーハトーヴの植物学』などが提起している、大島・農芸学校の伊藤七雄氏が、もともと労農党の浅沼稲次郎氏などにつながる幹部であり、労農派の農民運動との連携などもあった点については、全く触れていません。その点は、企画展示に関与した上記、牛崎副館長が全国的な「新しい学校」の動きとの関連の重要性を示唆されていたことは、一応紹介しておきましょう。
a0063220_20394581.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2013-09-23 16:39
大島・農芸学校と花巻・羅須地人協会
 宮沢賢治の花巻・羅須地人協会は、1926年(大15、昭元)にスタートし、集会などの集団的行為は、当局の眼圧などを考慮して、約2年半で中断しました。とくに1928年(昭3)の3.15事件などの影響が大きかったのでしょうが、ただ羅須地人協会の花壇設計や肥料相談などの活動は続けられたし、さらに3・15事件の前後にも、賢治は「農民芸術学校」としての羅須地人協会に関連して、重要な活動をしています。
 その年の6月、賢治は上京し、さらに伊豆大島を訪れ、伊藤七雄氏の計画していた「大島・農芸学校」の相談に乗っています。この時の様子が「三原三部」に述べられていますが、「大島・農芸学校」の企画は、おそらく「花巻・羅須地人協会」を参考にし、それをモデルにしようとした点で、いわば姉妹校の構想だったとも言えるでしょう。こうした動きは、その前の年1927年(昭2)に、盛岡高等農林の後輩で、山形県最上郡鳥越村で「郷土文化の確立、農村芸術の振興」に励みながら、「鳥越倶楽部」で活動していた松田甚次郎が、「花巻・羅須地人協会」の賢治に教えを乞いに来訪していた、そうした「新しい学校」のネットワークづくりとも連動していた。さらに言えば、高等農林からの親友だった保坂嘉内の山梨・韮山の「花園農村」の活動も、間接的でしょうが、関連していたように思われます。
 なお、岩手国民高等学校と賢治の羅須地人協会の関連など、当時の教育制度の改革の動きについて、前述の佐藤 成『宮沢賢治 地人への道』の中で、「塾風教育施設」の設置状況の資料を挙げています。(下図参照)ご覧のように、塾風教育施設が大正の末から昭和の初めにかけて、全国的に急増していることが判ります。設置目的も「農村中堅人物の要請」が大部分ですが、賢治の花巻・羅須地人協会も、それらの中の一つだったのでしょう。自由学校的な塾風教育の「新しい学校」づくりが、国民高等学校などと並んで、「農村中堅人物の育成」など、内外で教育改革の大きな高まりを見せていた。要するに賢治の羅須地人協会は、花巻の下根子・桜での「下の畑」の閉ざされた空間での活動ではない。近代社会の学校教育の限界を越える「新しい学校」づくり、農村芸術による地域づくりの改革運動に、深い繋がりをもっていた点を看過すべきではないと思うのです。
 そこで「大島・農芸学校」ですが、6月に賢治が伊豆大島を訪問する前に、伊藤七雄氏の方が1928年春と言われていますが(前年秋とも言われている)、花巻に賢治を訪れていました。「伊藤七雄、チエの兄妹が豊沢町の宮沢家を尋ねてきたので、下根子に居る賢治が実家に呼び返されたという(森荘巳池『宮沢賢治の肖像』)」ことがあり、その返礼の意味もあって、賢治の伊豆大島行きとなったのでしょう。この大島行きは、もっぱら賢治と伊藤の妹チエとの婚約に関連した話題が有名になったようですが、婚約の話は賢治が辞退して終わりました。それとは別に、というより賢治と伊藤七雄の関係では、むしろ「大島・農芸学校」の話題が重要だったと思います。東北・岩手の地で立ち上げ、一定の影響力をもった花巻・羅須地人協会の経験から、「新しい学校」作りを学び、連携しようと思っていたのではないか?そこで伊藤七雄氏ですが、まず伊藤光弥『イーハトーヴの植物学』では、次のように紹介されています。
 「賢治の友人の一人に伊藤七雄がいる。伊藤(明31~昭6)は水沢生まれ。浅沼稲次郎とも親交がある労農党員であった。その後、大島に土地を求めて移住、島に農芸学校を設立しようとして賢治の意見を求めていたようである。しかし、諸般の事情から学校の設立は断念のやむなきに至っている。---労農党稗和支部の設立に頑張った賢治と労農党本部役員だった伊藤七雄との接点は、大正十五年十月三十日の労農党盛岡支部大会か稗和支部大会が開催された十月三十一日にあったのではないだろうか。伊藤と賢治は盛岡か花巻の労農党支部大会で知り合い、昭和三年春には、伊藤が妹を連れて賢治を尋ねるまでの親しい仲になっていたものと思われる。賢治は同年六月、伊豆大島に伊藤を訪ねているが、これもかねての約束による旅だったのではないだろうか。」
 まず、伊藤七雄の兄妹は水沢出身ですが、もう少し説明しますと「伊藤七雄は胆沢郡水沢町の豪商の出で、ドイツ留学中に胸を患い、療養のために伊豆の大島に転地し、ここに土地を買い家も建てて暮らしていた。妹は兄を看病していた。」(堀尾青史『年譜 宮沢賢治伝』)七雄は、日中交換学生の実現、関東大震災では朝鮮人学生の保護など、広く大胆に活躍していた。大島療養でも、健康が回復してきたので現地に大島・農芸学校を設立しようと考え、同じ東北・岩手の地縁、また宮沢家との関係を頼りに、妹チエを伴っての花巻訪問となったようです。さらに七雄と賢治の関係では、上記の通り労農党の盛岡、稗和両支部での活動がありました。七雄は労農党の幹部、浅沼稲次郎や大山郁夫ですから早稲田の建設者同盟の系統でしょうが、その理論家と思われます。
 建設者同盟ですが、1919年(大8)に、東京帝大における新人会の結成に刺激され、早稲田大学を中心に結成された学生運動の団体です。はじめ学生団体「民人同盟」として発足しましたが、浅沼稲次郎、稲村隆一、三宅正一などが脱退し、早大教授の北沢新次郎を顧問に、新たに結成された組織です。当初は、比較的穏健な活動を続け、大山郁夫、山川均などを講師に迎えた研究会を中心に、啓蒙活動を続けながら、早稲田大学だけでなく東大、慶大、明大など大学横断的な組織に発展した。さらに北沢の指導もあり、東大の新人会が労働団体の友愛会との結びつきが強いので、建設者同盟は農民運動と結びつき、次第にそれまでの研究・啓蒙活動から、日本農民組合の組織活動を指導することになった。その後1923年春、早大の学内団体から学外を中心の社会主義団体に再編、浅沼、三宅などは農民運動の指導者となり、さらに1926年には無産政党の結成をめぐる党の分裂の中で、単一無産政党としての労働農民党から、中間的な日本労農党の結党に参加したと言われています。こうした労農党のブレーンとして、伊藤七雄が宮沢賢治の労農党シンパの活動、「新しい学校」羅須地人協会の役割、さらに東北の地縁からも賢治の活躍に注目し、それを高く評価した。そして、自らも伊豆大島に農芸学校を創る決断をしたのでしょう。その上で、具体的な相談や協力を仰ぐために花巻への来訪があった、と思われます。
 伊豆大島の農芸学校、確かに成功しませんでしたが、1931年(昭6)には開校に漕ぎ着けたそうです。だから、「学校の設立は断念」したわけではない。ただ、開校の直後1932年1月に七雄が死去したので、廃校に至ったそうです。こうした大島・農芸学校との関係を考えると、花巻・羅須地人協会を切り離し、それだけ孤立させて下根子・桜での集会の一時中断だけから、賢治の挫折、失敗、絶望と悲劇的に見るのには疑問を感じます。大島・農芸学校との関連を見れば、労農派の活動と結びつきながら、「新しい学校」への新たな教育実践に賢治が挑戦し、伊藤七雄もそれへの連帯の動きを示していたのです。さらに花巻と伊豆大島だけではない。当時、農民芸術を通した農村・農民改革の運動が、各地で広がり始めていた。大阪や東京では、すでに「大阪労働学校」の例を紹介しましたが、都市型の「新しい学校」の教育改革も進められていました。
 こうした「新しい学校」の教育改革は、ロシア革命、ボルシェビズム=マルクス・レーニン主義、そしてプロレタリア独裁の「国家社会主義」からは絶対に生まれない改革実践です。マルクスからモリスへの共同体社会主義、そして堺利彦や山川均の土着日本型労農派社会主義の水脈を、東北の地で宮沢賢治の豊かな感性が受容した、それが花巻・羅須地人協会の「新しい学校」の教育実践だったのではないでしょうか?
 
 
a0063220_1154428.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2013-08-24 08:10
大阪労働学校と大原社会問題研究所
 宮澤賢治の羅須地人協会が、花巻農学校のような官制の学校ではなく、自由学校としての私塾に近いものであり、当時ヨーロッパではデンマークやイギリス各地に設立されていた、それらを参考にしていました。それだけでなく、すでに日本でも1920年代、全国的に「会社が作った養成所や政府や自治体が経営した労働学校ではない、いわゆる<独立労働者教育>を目指した学校で10年以上続いたのは東京と大阪だけでした」(二村一夫著作集「大阪労働学校の人びと」)、そうした独立した労働・農民学校を、賢治もまた東北・花巻の地に旗上げした、それが羅須地人協会だったように思います。
 そこで大阪労働学校ですが、二村一夫氏の説明を要約しましょう。設立は、1922年(大11)で、16年間存続したが、学生数は少なく、多いときでも一クラス50-60名、月水金の週3回、しかも夜学だった。入学者の延べ人数も2000人ほどの小さな学校だった。この学校の特徴は、少人数にもかかわらず、「独立労働者教育」を目指していたこと、しかも教授陣が大変豪華だったことです。キャッチフレーズは「ブルジョアに大学あり、プロレタリアは労働学校へ」でしたが、教授陣は大学並み、否それ以上でした。
 学長クラスが、大内兵衛、森戸辰男など、学者では高野岩三郎、櫛田民蔵、新明正道、運動家として細迫兼光、川上丈太郎、杉山元治郎、ジャーナリストは笠信太郎、尾崎秀美など、多士済々、錚々たる陣容だったと思います。この教授陣と卒業生たちは、第二次大戦の戦中から戦後にかけて、大変大きな社会的影響力を発揮した点が注目されます。二村氏は「その多くの関係者の中から、労働学校で中心的な役割を果たした人を数人選び、その人々を通して大阪労働学校の歩みを明らかにしてみたい」と述べています。
 まず筆頭の人物は、学校創立の中心になった加川豊彦です。彼は1888年(明21)に神戸に生まれ、関西を中心に大正・昭和のキリスト教社会主義の運動家で、戦前日本の労働運動、農民運動、労農党など無産政党運動、灘生協など生活協同組合運動で活躍し、「貧民街の聖者」として国際的にも有名です。戦後の日本社会党の結党の中心人物でした。
 「大阪労働学校創立の中心となったのは賀川豊彦です。その他にも大阪毎日の記者の村島帰之、総同盟大阪連合会の西尾末広も熱心でした。しかし、学校の創立基金として当時の金で5000円、今なら2500万円にもあたる大金を出し、初代の校長となり、創設期の大阪労働学校の性格を決めたのは賀川でした。」賀川は神戸神学校の在学中から神戸のスラム街に住み込み、貧民救済に活動しましたが、賢治同様に結核に罹りました。しかし活動の中で結核を克服、その体験などを描いた自伝小説『死線を越えて』が、当時の大ベストセラーとなり、その印税を労働学校設立に提供したそうです。
 賀川は、1914年アメリカに留学、労働組合運動の重要性を学び、1917年帰国後、日本でも労働運動が本格的に発展する中で、鈴木文治の友愛会に参加し、関西地方のトップリーダーになる。そして1921年には神戸の三菱造船所、川崎造船所の大争議の指導に当たりましたが、最終的には組合側の敗北、ちょうどその時点で、大阪労働学校の創立計画が持ち上がり、賀川は資金提供だけでなく校長としても協力しました。「愛にもとづく人格運動」として、労働者教育の重要性を強調しましたが、日本農民組合や「イエスの友」会、上記の「日本一のマンモス生協」神戸・灘生協などの多彩な社会的活動で多忙を極めました。
 そうした中で、大阪労働学校の特徴は、学生達が学校の運営に自主的に参加し、自主運営を進めた点です。学校の主事が不在でも、学生委員会が自主的に学校を運営し、学生委員長が主事の代わりを務める。そればかりか「労働組合論」「選挙戦術論」などの講義は、学生自らが講師を務め、それこそ「教師も学生、学生も教師」の教育=共育の教育実践だったのです。こうした学生たちの自主的な努力とともに、白樺派の作家・有島武郎の遺産による「労働者教育会」からの資金援助もあり、さらに「有島財団」が学校専用の土地と建物を買ってくれました。
 「この校舎の取得の際、またその後の大阪労働学校の発展の上で重要な役割りを果たしたのは、当時、天王寺にあった大原社会問題研究所の所長・高野岩三郎です。彼は学生委員会にかわって組織された大阪労働学校運営委員会の責任者になることを進んで引き受け、財政問題解決のために熱心に働きます。彼は自分の著書の印税をそっくり寄付しただけでなく、友人、知人を説いて同校の後援会員とし、毎月10円づつの寄付を約束させました。」
 高野岩三郎が非常な肩入れをした理由について、彼の実兄の高野房太郎が、アメリカ労働運動を学び、日本で最初に近代的労働組合をはじめたこと。しかも実弟の岩三郎のために、長期にわたり学資を送り続けながら、35歳の若さで青島で夭折した、その遺志に報いること、などを挙げています。高野兄弟が労働運動、社会主義にとって、教育活動の重要性を深く認識していたことが、大阪労働学校への協力となっていたわけです。そして、高野が運営委員長になったことにより、さらに大原社会問題研究所が全体として、労働学校の運営、教育に協力することにもなりました。単に授業の講師を引き受けるだけでなく、運営委員や会計事務まで大原社研のメンバーが協力したのです。
 ここで大原社会問題研究所の名前が出ましたが、この大原社研と略称される研究所は、非常にユニークな存在でした。すでに説明しましたが(setohara.exblob.jp 賢治とモリス<研究ノート>を参照)、今日なお日本の美術館を代表する岡山県倉敷市の「大原美術館」を創立したのは、倉敷紡績株式会社の創業者で社長の大原孫三郎でした。彼は、私財を投じて一方で大原美術館、他方で大原社研を創立、日本で始めて社会科学系の民間研究所を設立しました。そこからは、何とはなしにモリス達のアーツ&クラフツ運動の「芸術を暮らしに生かす」社会主義の思想が連想されるように思います。さらに、モリス・バックスの『社会主義』から日本で初めて本格的なマルクス『資本論』解説を「大阪平民新聞」に連載した山川均、彼も倉敷の出身で、大原孫三郎とは同級生の間柄でした。そして山川均と言えば堺利彦、こうした人脈、地縁のつながりもあり、高野岩三郎を中心に大原社研は、いわゆる労農派の教授グループのバックアップ組織として、極めて大きな役割を果たしていました。しかも大原社研は、大阪・天王寺に開設されましたが、東京には事務所が置かれました。東京と関西の教授グループは、大原社研との関係もあって、高野岩三郎運営委員長への協力のもと、こぞって大阪労働学校の講師陣に参加し、当時他には見られない豪華スタッフが揃ったのです。
 労農派は、ソ連によるコミンテルン指導の下に再建された日本共産党に対抗した、雑誌『労農』の同人ですが、単一の無産政党「労農党」の結成を目指していました。同時に、ブレーンの研究者集団として「教授グループ」、さらに大原社研や大阪労働学校などの多様な社会的組織の協同・連帯の運動体だったように思います。とくに労働学校のような労働者教育を重視していましたが、それはまたロシア革命のようにプロレタリア独裁で国家権力を奪取し、上から社会主義を「外部注入」するボルシェビズム(マルクス・レーニン主義)を否定していたからです。あくまでも労働者や農民が、自主的・主体的に自らの「働き方」や「暮らし方」、そして「生き方」を変革して社会主義を実現する、そうしたモリスなどのアーツ&クラフツ運動を基礎にした「ハマスミス社会主義協会」などの教育実践を重視したのです。その点で大原社研と大阪労働学校は、労農派社会主義の貴重なモデルだったと思います。
 大阪労働学校に戻りますが、大原社研の協力を得て活動が充実しましたが、二村氏はそこで森戸辰男氏の活躍をあげています。「その一人として森戸辰男がいます。---彼は高野を助け、大阪労働学校の経営に非常な力を注ぎました。彼は第10期以降第45期まで13年間に亘って1回の休みもなく無給で講師を続け、また運営委員会にもほとんど皆出席です。彼がいなかったら大阪労働学校はもっと早くつぶれていたかも知れません。
 その森戸辰男は、戦後、片山内閣の文部大臣として教育改革に関与しました。その後も中央教育審議会の会長など、現在の日本の教育に大きな影響力をもってきました。彼にとっての教育、とくに社会教育の原体験は大阪労働学校でした。」戦後の教育の評価はともかく、森戸が日中戦争開始直後の第45期まで、つまり閉校まで大阪労働学校の教育、運営に協力した点は高く評価すべきでしょう。さらに森戸の研究面での業績ですが、森戸は有名な「森戸事件」で大内兵衛とともに東大を去りました。その時の研究は、アナーキストのクロポトキン研究でしたが、その後大原社研に移ってからの研究はウィリアム・モリスでした。その研究成果が、1938年(昭13)に大教育家文庫の『オウエン モリス』岩波書店刊として纏められています。最終章のタイトルは「教育史上におけるモリスの地位」です。
 森戸のモリス研究は、マルクスからモリスへの共同体社会主義にとって、教育の意義を重点的に研究したもので、特にモリスのハマスミス社会主義協会については、その政治的活動としてよりも、むしろ社会主義に関連した講義が行われ、「新しい学校」の教育活動として評価した貴重な研究です。そうした研究が、実は大原社研の大阪労働学校の森戸自身の教育実践に裏付けられたものだとすれば、ここにモリスから堺、山川、そして労農派社会主義の大阪労働学校への流れが確認できると思います。そしてまた、東北・花巻の賢治の羅須地人協会も、モリスのハマスミス社会主義協会の職人労働学校に連動して、大阪労働者学校とともに労農派の「新しい学校」としての農民芸術学校の貴重な実験だったと言えそうです。
a0063220_8391859.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2013-08-08 11:04
賢治の羅須地人協会が目指したもの(続)
 賢治が花巻農学校を退職し、自由学校の私塾として羅須地人協会を始めるについて、岩手国民高等学校の教師を兼務した経験が大きかったように思われます。その辺の事情を、佐藤 成編著『宮沢賢治 地人への道』から辿ってみました。デンマークの国民高等学校(フォルケ・ホイスコーレ)の理想と、岩手国民高等学校の現実のギャップを賢治は痛感し、自ら理想とした「新しい学校」をめざし羅須地人協会を設立した。その点は、国民高等学校の生徒だった平 来作、菊池信一などが、こぞって羅須地人協会に参加したことからも推察できます。そして、伊藤清一が丹念にノートを取った「農民芸術論」、その理想を「教育基本法」とする「新しい学校」こそ、羅須地人協会だったのです。
 伊藤清一のノートでも、詳細に書き取られていた「農民芸術論」ですが、すでに紹介したウィリアム・モリスの芸術思想、アーツ&クラフツの思想と運動が大きな影響を与えている。デンマークのフォルケ・ホイスコーレから農村問題、農民教育の思想が継承されたとすれば、モリスのアーツ&クラフツ運動からは、農民芸術学校として、芸術思想の継承があった。それについては、モリスからの影響も大きかったはずです。上記『宮沢賢治 地人への道』では、その点には立ち入っておりません。ただ、その中で「羅須終焉の日」の直前の記述ですが、こんな簡単な指摘がありました。紹介します。

 「また賢治は羅須地人協会を学校と考えていた。それは集会案内の中に<今年は設備が何もなくて、学校らしいことはできません。>と語り、妹たちとその子供をつれて八戸へ旅行したとき宿泊先、陸奥館の宿帳の職業欄に<教師>と記入していることからもうなずけよう。
 賢治は劇のメモの中で<借財により労農芸術学校を建てんといふ>と言い、花巻温泉社長の金田一氏より五百円かりようと考え、当時出入りした青年たちにラスキンの話をしている。(ラスキンが関与した『労働者学校』はフレデリック・モーリスが中心になって1854年ロンドンに創設したもので、ラス金も求められて美術教育の講義を担当した。)
 青年の中の一人伊藤克己は<農民芸術学校と自称していた>といっている。その言葉からも十分納得できるというものである。」

 その上で『宮沢賢治 地人への道』では、「農民芸術概論綱要」の結論の部分が引用されています。賢治が、羅須地人協会を農民芸術学校として設立し、その農民の面ではデンマークのフォルケ・ホイシコーレを参考にし、芸術面ではラスキン、そしてモリスのアーツ&クラフツの運動実践を継承しようとしていたと思います。実際、19世紀の後半に向けて、北欧ではデンマークのフォルケ・ホイスコーレなど、そしてイギリスでもロンドンをはじめ、各地に労働者学校が沢山できていた。すでにふれたモリスのハマスミスの自宅、ケルムスコット・ハウスに設けられた「ハマスミス社会主義協会」も、政治運動の組織というよりも、むしろモリスによる職人労働者のための「新しい学校」だったと思います。
 そこで、ラスキンが関与し協力したとされるロンドンの「労働者大学」ですが、フレデリック・モーリスではなく、彼の父親ジョン・フレデリック・モーリスが創立しました。父・モーリスは、英国教会の聖職者、神学者で、1840年にはロンドン大学のキングス・カレッジの英文学、後に神学の教授に就任しました。イギリスにおける代表的なキリスト教社会主義者であり、ロバート・オーエンやサン・シモンの影響を強く受けています。そうした立場から1854年、ロンドンに「労働者大学」を開校し、労働者教育に従事しました。その「新しい学校」を息子のC・Fモーリスが協力、継承して発展させたわけです。ラスキンも講師を務めるなど、日本でも労働者教育の「新しい学校」として有名で、賢治などが話題にしていたのでしょう。

 そこでモリスとの関係ですが、社会主義運動の中で息子のモーリスとモリスは直接の交流がありました。1883年6月12日にロンドンの郊外ハムステッドでのモリスの有名な講演「芸術と民衆―資本主義の蛮行に対する社会主義者の抵抗:労働者階級に対しての演説」、内容は労働者が芸術や歴史を学ぶ意義、とくに小芸術の装飾芸術と大芸術の分化に対し、労働者が希望をもって芸術家として働く、労働者は不満や希望を率直に表明し、社会主義について学ぶ、そして組織的に行動することを訴えましたが、それをモーリスが聴いた。この講演に関して、モリスはさらにモーリスに手紙で「芸術が体制により手錠をかけられ、その体制が続く限り、芸術は文明から逸脱し死に至るという結論に、私自身が徐々に到達しています」と訴えています。
 このようにラスキンやモリスの職人・労働者教育に関して、賢治が強い関心を寄せていた。そして、「地人芸術論」のタイトルで、羅須地人協会でも農民芸術概論綱要を講義し、モリスの芸術論を紹介し、「労働をもて、あの灰色の労働を燃せ」と訴えた訳です。こうした「新しい学校」としての羅須地人協会の活動は、デンマークやイギリス各地の教育運動から影響を受けただけではない。1920年代には日本でも、セツルメントや生活協同組合などと結びつきなら、各地で労働学校など「新しい学校」の運動が拡大していました。そうした運動を、宮沢賢治が花巻の地で受け止めようとしていた、それが羅須地人協会の活動だったと思われます。

a0063220_11212031.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2013-08-04 10:46
賢治の羅須地人協会が目指したもの
 『ウィリアム・モリスのマルクス主義―アーツ&クラフツ運動を支えた思想―』(平凡社新書)を書いて、マルクスからモリスの思想継承を取り上げたので、これからいよいよモリスから宮沢賢治の流れを明らかにしようと思っています。モリスの研究は沢山あり、賢治の研究は文学者のそれを含めれば、星の数ほどと言いたくなるぐらいあります。しかし、モリスと賢治の点と点を結ぶ線となると、その線は極細くなり、ほとんど見えにくくなってしまう。しかし、少しづつ調べるほどに、線ははっきりしてきますし、段々太くなる。研究の興味が刺激され、期待も膨らみます。
 賢治が1926年(大正15、昭和元年)に花巻農学校を退職し、「羅須地人協会」を始めるについては、いろいろな事情があったようです。ただ、大きな流れからすると、賢治が官制の農学校の教育の限界を感じ、地域の若者、農民の立場に立ち、同じ一人の農民として教え、かつ学ぶ、まさに教育から共育へ自己変革を図る、そのための「自由学校」として、同じ花巻の下根子・桜の宮沢家の別荘を利用して、新しい学校「労農芸術学校」をスタートさせたと思います。しかし、明治以来の義務教育の制度を前提とする官制の教育制度の限界を超えて、「自由学校」のような共育を目指す動きは、その当時、すでに内外に見られるもので、賢治も一面でそうした新しい潮流を受け止めるために、自ら「羅須地人協会」を始めたように思います。我々も今回、すでに書きましたように「仙台・羅須地人協会」をスタートさせ、3・11東日本大震災からの復興のために、賢治精神を継承するにあたっても、賢治が受け止めようとした内外の「新しい学校」の動きを、ここで再度見直して参考にしたいと考えます。
 宮沢賢治の農学校時代から、羅須地人協会への伝記は、沢山あります。その中で、花巻農学校の関係者でもあった佐藤 成編著『宮沢賢治 地人への道』が、一番内容的にも充実しているように思います。まず、モリスのアーツ&クラフツ運動を受け止めて書いた「農民芸術概論綱要」の序論を引用し、その上でこう述べています。

 「一個の農民として土の中に生きようとの志向は<異途の出発>(大正十四・一・五)として表現され<告別>(大正十四・十・二十五)の中で<おれは四月はもう学校に居ないのだ>決意を表明しているのである。
 大正十五年一月、国民高等学校で農民芸術概論を講じ、やがて羅須地人協会(農民芸術学校)の設立となった。
 農民芸術概論綱要はこの協会の教育基本法とでもいうべき指針としての意義を持つ。
        (略)
 私は賢治を生んだ風土、そして岩手の稲作、学校教育としての農業教育、社会教育としての農民教育、<-‐-じつに愉快で明るいものでありました>といわせた花巻農学校、国民高等学校、羅須地人協会、肥料設計と、その地理的、歴史的背景を明らかにすることが尚一層賢治像の輝きと作品の光を増すと考えたのである。
 羅須地人協会は賢治の学校であり塾であった。それは岩手国民高等学校ともかかわりがあったし、明治以来の農業教育、農民教育にもかかわりがあり、岩手の稲にも大いにかかわりがあったのである。
 <教諭 宮沢賢治>から<地人 宮沢賢治>への道程を今懸命に私はたどり続けている。」

 この道程に位置づけられた「岩手国民高等学校」、ここで賢治は農民芸術論の講義を担当し、「羅須地人協会」の教育基本法になった「農民芸術概論綱要」が準備されました。その岩手国民高等学校ですが、次のように説明されています。まず、このころ欧米の先進国の実情に触発され、日本でも文部省が「社会教育」の充実を図り始めた。1925年(大14)には、地方社会教育職員制が定められ、盛岡でも成人教育の指導者講習会などが開かれた。また、当時デンマークの「国民高等学校」に関する著作も多数出版され、それに基づいた農民道場形式の施設が、山形、三重、愛知などに相次いで設立された。岩手県でも、社会教育主事がデンマークの国民高等学校を見習って、農村青年の訓練施設を計画、社会教育の一環として開設されたのが、「岩手国民高等学校」だったのです。1926年(大15)1月15日のことで、「開設要項」は以下の通りです。
 
 主催 岩手県教育会及び稗貫郡部会 岩手県農会 岩手県青年団体聯合会
 開催校舎 花巻農学校
 開催期間 大正十五年一月十五日より同年三月末日までとす
 学科目は次の如し
   イ 修身(勅語、詔書の講義)四十時間
   ロ 公民教育(憲法 自治制度 政治史論)五十時間
   ハ 古代史 国民の精神 郷土史論 世界の大勢 四十五時間
   二 近代文明史論 四十五時間
   ホ 最近科学の進歩 四十五時間
   へ 現代農村問題 五十時間
   ト 産業組合 三十時間
   チ 農業経営法 四十時間
   リ 文学概論 四十時間
 講師 岩手県書記官 関 荘二 花巻高等女学校長 高日義海 花巻農学校教諭 宮沢賢治
     (略)
 募集生徒数 各町村二名宛
 生徒資格 特に資格を限定せずと言えども高等小学校以上の学力を有し年令十八歳以上にし      て将来地方自治に努力すべき抱負あるものとする。
 自治寮生活 生徒は寄宿舎に入舎し自治的共同生活を営ましむ(寝具各自持参)
 経費 寄宿舎費 食費 学用品その他 合計月額十五円にて足る。

 ここで宮沢賢治は、花巻農学校教諭の他に、岩手国民高等学校の講師を兼任することになりました。この国民高等学校の狙いは、当時の疲弊した東北、岩手県下の農村の更正を図るために、デンマークの国民高等学校を見習い、農村青年の社会教育を充実し、その奮起を促そうというものです。しかし、デンマーク式を謳ってはいるものの、設立の経緯からみて、上からの官製の社会教育であり、カリキュラムも国家主義的な教育の色彩の強いものになっています。もともとデンマークの国民高等学校(フォルケ・ホイスコーレ、フォーク・ハイスクール)は、ナポレオン戦争で大打撃を受けたデンマーク農村を救うために、詩人であり、哲学者、歴史家、宗教家でもあったニコライ・フレデリック・セバーリン・グルントビクが提唱し、1844年に創立されました。日本では内村鑑三が紹介し、大正から昭和初年にかけて「国民高等学校」と訳され、いろいろな形で全国各地に設立されました。
 しかしデンマークのフォルケ・ホイスコーレは、「名前こそ学校だが、国の規則や法令にはいっさいしばられない。教科内容も授業方法も、教師の任免も全く自由で、修業年限は男子は冬期五か月(十一月から翌年三月まで)女子は夏季三か月(六月から八月まで)で十八歳以上であれば誰でも入学が許可される。生徒は寄宿舎生活をするという二十四時間教育の大私塾である。試験も卒業証書もない。したがって一名、自由学校とも生活学校とも呼ばれている。」
 このようなデンマークの国民高等学校をモデルにしましたが、岩手県開設の国民高等学校では、当初「出席者が僅少で主催者がワラジがけで各町村の青年を勧誘」と地元紙が報じました。それでも何とか生徒三十五名が集まり、内訳は農学校卒八名、中学三年終了一名、その他高等小学校、補習学校の卒業生です。年齢も二十七歳から十七歳まで、平均十九歳の青年たちでした。県下九郡三町三十三か村から推薦された篤農家や青年活動家で、優秀な生徒が多かったようです。予定通り一月十五日に開校式を挙げましたが、翌日の「岩手日報」によれば、岩手県の内務部長 坂本 楊が国民高等学校長を兼務し、さらに県の社会教育主事が高等学校の主事を兼任しています。さらに教科目と講師が紹介されていますが、その中に「農民芸術 花巻農学校教諭 宮沢賢治 」の名前が見られます。
 この農民芸術の講義のために、賢治は夜を徹して講義ノートを作成、それが「農民芸術概論綱要」ですが、講義そのものが受講生の一人「伊藤清一の受講ノート」として、第一回(一月三十日 土)「トルストイの芸術批評」と「最初の酒造」五幕物に始まり、第二回(二月九日 火)「われらの詩歌」、第三回(二月十八日)「水稲に関する詩歌」第四回(二月十九日 金)「稲と露」第五回(二月二十四日 水)「宅地設計」農家の構造設計 第六回(二月二十七日 土)「農民(地人)芸術概論」以下 第七回(三月一日 月)第八回(三月五日 金)第九回(三月二十日 土)第十回(三月二十二日 月)第十一回(三月二十三日 火)ですが、いうまでもなく第六回以降の講義ノートが、「農民芸術概論綱要」に纏められたものです。また、この講義は同時に農学校の生徒にも行われました。また、羅須地人協会の「地人芸術論」として、さらに農民に講義されました。
 農民芸術論の講義に、これだけのノート作りの準備をしている、また受講した伊藤清一や菊池信一は「先生の奔騰し白熱する思索の炎を感ずるような思いがした」と述懐しています。それだけに現実の国民高等学校の運営などに賢治は満足できなかった。「賢治と高野主事との猛烈な雪合戦の組み打ち」があり、賢治も「文語詩篇」ノートに「偽善的ナル主事、知事ノ前デハハダシトナル」と公憤を漏らしている。「高野の考える官制的な社会教育、農民教育としての国民高等学校のあり方に信服出来ないものが賢治の心のどこかにあったため」「国民高等学校の終わりとともに、この年の八月、賢治に羅須地人協会を設立させた要因の一つとなったものであると言えるのではあるまいか。」
 デンマークのホルケ・ホイスコーレの理想と現実の岩手国民高等学校の運営の矛盾と葛藤、そこから脱皮するのが賢治の羅須地人協会のスタートだった。そう思わざるを得ないのです。
a0063220_20571939.jpg

[PR]
# by kenjitomorris | 2013-07-31 10:00
「羅須地人協会の真実」について
 鈴木 守さんの新著『羅須地人協会の真実』を紹介させてもらいましたが、もともと鈴木さんのブログ「みちのくの山野草」に連載されていた記事が、新しく本になったものです。「みちのくの山野草」では、そのタイトルのとうり花巻の周辺の山野に咲く山野草など、見事な写真を楽しむことができます。山野草のシーズンには、賢治の「真実」は美しい写真の中に書き込まれていて、今は写真が中心のブログが連日アップされています。美しい写真を毎日楽しんでいると、何か花巻の住人になったような錯覚に陥りそうです。
 
 賢治の「真実」ですが、『賢治と一緒に暮らした男』の第一作に続き、今回はサブタイトル「賢治昭和二年の上京」に関しての『羅須地人協会の真実』でした。と同時にブログでは、「昭和三年賢治自宅謹慎」についての「真実」を、同じような仮設を立てての綿密な実証の手法で明らかにされています。この手法は、幾何学の証明を見るように鮮やかな証明です。実を言いますと、「昭和二年の上京」よりも、「昭和三年賢治自宅謹慎」の方が、現在の問題関心からすると、より強く興味を惹かれるテーマです。すでに、このテーマに関しても、4月19日のブログで「結論」を出されているので、簡単に紹介させて貰いましょう。
 
 「賢治年譜」によると、昭和3年8月のこととして、心身の疲労にも拘らず、気候不順による稲作の不作を心配、風雨の中を奔走し、風邪から肋膜炎、そして「帰宅して父母のもとに病臥す」となっている。しかし、当時の賢治の健康状態、気象状況、稲作の作況など、綿密な検証により、「賢治年譜」は必ずしも「真実」を伝えるものではなく、事実に必ずしも忠実ではない。とくに「賢治の療養状態は、たいした発熱があったわけでもないから療養の傍菊造りなどをして秋を過ごしていた。」
 では、なぜ賢治が自宅の父母の元で療養したのか?
 「陸軍特別大演習」を前にして行われた官憲の厳しい「アカ狩り」から逃れるためであり、賢治は病気であるということにして、実家に戻って自宅謹慎、蟄居していた。
 ----
 例えばそのことは、
 ・当時、「陸軍特別大演習」を前にして凄まじい「アカ狩り」が行われた。
 ・賢治は当時、労農党稗和支部の有力なシンパであった。
 ・賢治は川村尚三や八重垣賢師と接触があった。
 ・当時の気象データに基づけば、「風雨の中を徹宵東奔西走」するような「風雨」はなかった。
 ・当初の賢治の病状はそれほど重病であったとは言えない。

 以上が、「不都合な真実」に対する本当の「真実」です。ここでも羅須地人協会と賢治の活動の真実に基づく実像を明らかにする上で、大変貴重な検証が行われたと評価したいと思います。とくに羅須地人協会の賢治が、ロシア革命によるコミンテルンの指導で、地下で再建された日本共産党に対抗して無産政党を目指した「労農派」の「有力なシンパ」だったこと。社会主義者の川村や八重樫とレーニンのボルシェビズムなどを議論していたこと。そのため岩手で行われた「陸軍特別大演習」に際しての「アカ狩り」大弾圧を受ける危険があり、そのため父母の計らいもあって、賢治は病気療養を理由に「自宅謹慎」していた。
 確かに「賢治年譜」には、「不都合な真実」を曖昧にする意図が感じられます。もっと賢治の実像が明確になるように書くべきだったし、今日の時点では「真実」が書かれても、賢治にとつて「不本意」なことだったにしても、さほど「不都合な真実」では無いように思われます。昭和3年といえば、有名な3・15事件の大弾圧があった年だし、さらに盛岡や花巻でも天皇の行幸による「陸軍特別大演習」が続き、官憲が東北から根こそぎ危険分子を洗い出そうとしていた。そうした中で、賢治自身もそうでしょうし、それ以上に宮沢家や地元の周囲の人々もまた累が及ばぬように警戒するのは当然でしょう。事実、賢治と交友のあった上記の川村、八重垣の両名は犠牲になった。「嘘も方便」で、病気を理由に大弾圧の嵐の通り過ぎるのを、身を潜めて待つのも立派な生き方だと思います。
 とくに宮沢家としては、もし賢治が検挙され、さらに有罪ともなれば、いわば一家取り潰しの災禍に遭う危険に曝されていた。同じ労農派の指導者の堺利彦、山川均の自伝を見れば、明治の幸徳秋水の大逆事件以来、日本の官憲による弾圧は凶暴を極めた。倉敷の山川家も花巻の宮沢家と同じような地方の資産家で事業家だった。山川の赤旗事件で一家取り潰しの状態が、戦前ずっと長く続いたと言われています。そうした事例を宮沢家も知っていたでしょうから、宮沢家としては病気でも何でも理由にして、賢治の身を守ろうとした、羅須地人協会の教え子たちも、同じように賢治の身を守ろうとしたのは当然だし、寧ろそれによって自分たちの身を守ろうとしたのです。東北では、先進地の岡山・倉敷以上に、農村の保守的な自己防衛意識が強く残り、戦後も宮沢家を中心に賢治の実像を曝け出さないようにする。そのことが「不都合な真実」を見えにくくしたり、羅須地人時代に多くの謎が残されてしまったように思われます。

 そうだとすると、「不都合な真実」が生まれ、謎に包まれた賢治・羅須地人協会時代は、官憲の弾圧が強まる中での労農党シンパとしての賢治の活動と関連が深いように思われます。賢治が花巻農学校を退職し、自由学校ともいえる羅須地人協会を始めたのも、労農党のシンパとしての活動と関連があった。その点を戦後はっきり書いたのは青江舜二郎『宮沢賢治:修羅に生きる』(講談社現代新書)だろうと思います。「賢治は羅須地人協会時代において、まぎれもなく労農派のシンパであり協会はその運動実践のためのものであった」と言い切っています。それだけに「賢治年譜」などについても、「私にはこういう資料がやりきれない」と不満をもらし、協会活動の一環としての肥料設計を「菩薩行」とする見解にも反対して、「私が花巻でその教え子たちから聞かされたところに従えば、賢治はそれを社会運動の代りとしてではなく、<社会運動として>すなわち、労農運動の一つとして羅須地人協会を設立したのであった」と述べています。さらに、次のように主張されています。
 「最後にもう一つ重大なことをつけ加えておかねばならぬ。これも私が当時現地で取材したとき、聞かされた意見だが、賢治の農民救済の構想はまかりまちがえば、当時その地方で石原莞爾などによって真剣に考えられていた、大陸への農民たちの集団移民とすれすれの線まで来ていた。----労農派の歯どめがあったためで、その方が世なおしの精神としてはずっと正しかったというのだった。
 私もはっとして、それに共鳴する。賢治と莞爾については前にも触れたが、この差こそ、同じ日蓮宗でもこの二人を万里に隔てるものではなかったか。」

 宮沢賢治を右と左のイデオロギーから、彼のマントを引っ張るように利用するのは止めるべきでしょう。そのためには、「不都合な真実」を明らかにして、先ずは賢治の実像を明らかにすることが重要です。その際、労農派シンパとしての宮沢賢治、彼の羅須地人協会の意義、それらを歴史の流れの中で位置づける、そうした作業が必要だと思います。
 

a0063220_1242314.jpg

 
[PR]
# by kenjitomorris | 2013-06-13 21:25
宮沢賢治の羅須地人協会の真実
 最近、鈴木 守『羅須地人協会の真実ー賢治昭和二年の上京ー』が出版されました。0198-24-9813に電話で注文されると、簡単に入手できます。
a0063220_20525463.jpg

 宮沢賢治の短い生涯の中で、大正15年に花巻農学校を退職して、若い農民達を集めた農民学校「羅須地人協会」の時代は、よく判らない点が多いとされています。そもそも羅須地人協会時代と呼ばれるのが、何時から何時までか、といった点から始まり、その真実が謎に包まれている。それを解き明かそうと、花巻の地元に住む著者、鈴木 守さんが、詳細に仮設を立て、一つ一つ立証しながら真実に迫る、著者を措いて他に出来ないような丹念な作業を纏められたものです。「羅須地人協会の真実を知りたい」、その思いから進められた研究で、賢治研究には「本当に大助かり」、まことに有難い著書だと思います。
 鈴木さんは、すでに「賢治と一緒に暮らした男―千葉恭を尋ねて―」を上梓されています。賢治が独居生活を始めたとされている下根子桜の時代に、じつは千葉恭なる人物が賢治と同居していた期間があったことを立証されました。それに続く第二作が、今度の出版です。年譜を調べ、昭和2年11月から昭和3年2月の空白期間に焦点を絞り、昭和2年11月に「セロを持って上京」する賢治の記録を、「沢里武治氏聞書」などを中心に、次々に仮設を立てて立証を重ねる作業です。まさに、推理小説を読むような感じの作業ですが、賢治は上京してチェロなどを学ぶが、その無理が祟り病気で花巻に帰った、という仮設の立証に成功されています。
 鈴木さんの作業は、関登久也著『宮沢賢治物語』が戦後、しかも昭和40年代になって、何者かの手で賢治の上京について「改竄」された事実を発見したことを切っ掛けにしています。そして、その頃から「宮沢賢治年譜」も「不都合な真実」を隠ぺいするようになってしまった事情を解明し、神格化された賢治像ではなく、愛される賢治の実像を明らかにする作業が始まりました。とくに謎に包まれている部分の多い「羅須地人協会」時代ですから、不都合であろうとなかろうと、出来るだけ真実の姿を明らかにすることが、研究にとって一番大切だし、重要だと思います。その上で、この時代の賢治の活動や作品の評価がなされなければならない、という点で鈴木さんの新著は大変貴重だと思います。
 ただ、今度の著作を読んで、「賢治昭和二年の上京」の真実が明らかにされた上で、それが何者かにより改竄されなければならなかったほど、それほど「不都合な真実」なのかどうか、どうも腑に落ちません。上京が羅須地人協会の活動を中断し、チェロの学習にあまり成果がなく、病気になって帰郷せざるを得なくなったことは、あまり良い話ではありません。賢治の神格化からすれば「不都合な真実」かも知れませんが、一般的にはよくく有り得る話だし、人間らしい賢治像になると思います。昭和40年代になり、わざわざ改竄するほどの不都合なことだとは思えない、そんな疑問が残りました。何かもっと大きい問題があったのかどうか、よく理解できない点です。
[PR]
# by kenjitomorris | 2013-06-10 19:56



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧