<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
高橋慶吾について
 今日、8月17日、台風7号が仙台を直撃、避難準備情報も出たので、外出は控えました。結果は大したことなしで、台風は去りましたが、ちょうどタイミングよく、注文していた雑賀信行『宮沢賢治とクリスチャン 花巻篇』が届き、眼を通しました。

 期待が外れたのは、表題から宮沢賢治と盛岡高等農林の親友・高橋秀松の関係が取り上げられていると思いましたが、完全な空振りでした。もっぱら花巻の関係の話題で、著者によれば続編として「盛岡篇」が準備されているそうで、そちらを期待することになりました。学生時代、盛岡中学から盛岡に在住していた賢治が、クリスチャンになった仙台に隣接の名取出身の秀松をガイドした。盛岡の教会を案内した話が出てきて、それが二人の友情にいかに結びつき、日蓮宗の賢治の作品にキリスト教の影響を与えたか?今は、それを知りたいばかりにアマゾンに注文したのです。

 ただ、本は読んでみるものです。第二章に「4 高瀬露と高橋慶吾」があり、慶吾について取り上げてあったからです。高瀬露は、羅須地人協会の紅一点、賢治に好意を寄せた女性として有名です。露は熱心なクリスチャンで、彼女を協会に案内し、賢治に紹介したのが慶吾だった。慶吾も一時、キリスト教の教会に出入りしていて、写真も掲載されています。そんなことで協会員だった慶吾に、露が頼んで賢治に近づいたようです。しかし、露と違って慶吾は入信しないで、むしろ当時の花巻で拡大していた「労農党」の活動に川村尚三などともに入った。また、賢治との関係もあり、共済組合の活動もしていた。それに関連して、賢治が「社会事業の能力は当分の小生には全く無之」という手紙を慶吾に書き、羅須地人協会の活動の整理を伝えたようです。

 このように高橋慶吾との関連で、当時の羅須地人協会の活動、いわゆる労農党(労農大衆党)の動き、それらとの関連で花巻におけるクリスチャンの動きなどが紹介され、興味深く読みました。ただ、高橋慶吾の扱いは、彼がクリスチャンにならなかった点が大きいのでしょうが、「新しい集まりがあるとすぐ首を突っ込むタイプだったのかもしれない」とか、「この高橋が、賢治と露との間をかき回すトリックスターのような役割を演じるのだ」とまで書いています。賢治と露との「色恋」には、あまり興味がないので深入りは御免蒙ります。
a0063220_1828049.jpg

[PR]
by kenjitomorris | 2016-08-17 18:28
労農派と宮沢賢治(続き)
 労農派と宮沢賢治の関係は、もともと労農派と呼ばれる活動が幅広く多面的だったし、当時の政治状況から屈折したり曲折していて複雑を極めていた。さらに、賢治は単なるシンパサイザーとして活動に協力していただけだった。それだけに、賢治の立ち位置を明確にすることは困難だし、また無理に明確にすることが、賢治像をイデオロギーで歪めかねないように思います。そん心配をしながら、羅須地人協会時代の賢治の実像に少しでも迫りたいと思っているのです。

 前回の本欄で、小正路さんの新著『堺利彦ー初期社会主義の思想圏』を紹介しましたが、その後とても有益なご助言、ご指摘など頂きました。その一部を紹介させて頂きながら、賢治と労農派について少し補足しておきましょう。

 大正デモクラシーが高揚する中で、単一の合法的無産政党を目指していた「労働農民党」でしたが、1928(昭3)年の3・15事件に引き続いて、4月22日に結社禁止の弾圧を受けました。ただ、その前から中央では、「日本労農党」「社会民衆党」「日本農民党」に分裂、抗争していた。こうした分裂状態が、ロシア革命によるコミンテルンからの地下非合法活動の影響もあり、3・15の弾圧を招いたといえます。そうした厳しい情勢の下で、賢治による労農派への支援、協力の活動だったことは重要です。また、中央の組織分裂に対して、地方ではいわゆる「地方政党」が群立していて、岩手においても農民運動の動きも加わり、地方政党の活動が活発だったし、中央との複雑な対立も拡がっていたようです。
 こうした地方政党の群立の動きの全貌を明らかにするのは、今日では極めて困難だと思います。しかし、賢治が羅須地人協会の伊藤与蔵さんなどとともに、選挙運動に関わった泉国三郎の「労農大衆党」もまた、恐らく中央の複雑な動きをを見据えながらの地方政党の一つではなかったかと思います。とくに岩手の無産政党を目指す運動は活発で、中央からのいろいろな働き掛けもあった。賢治との人的なつながりでは、伊豆大島の「農芸学校」の伊藤七雄との関係がとくに深かったし、政治活動の面では浅沼稲次郎との関係もあった。小正路さんからは、こんな助言も頂きました。
 「労農派は労農党の勢力の離散防止のため無産大衆党、兵庫県大衆党、秋田労農党、信州大衆党、関西大衆党など将来的な単一無産政党樹立に向けた過渡的な地方政党を結党しました。これらの労農派系地方政党ときわめて類似した性格を持っていたのが1928年12月22日に結党した岩手無産党です。<中略>従いまして、泉国三郎をキーパーソンとして考えますならば、賢治が連帯した政治勢力は岩手無産党系譜の大衆党系労農派ではないでしょうか。<労農大衆党>という言い方が同時代にあったかどうか存じませんが、<労農大衆党>の実態は岩手無産党であったと思います。」

 今回、こうした助言や示唆を頂き、これからさらに岩手の関係者とも連絡し、出来るだけ実像に迫ろうと思います。ただ、こうした政治勢力の分裂による混乱の中で、羅須地人協会の若いメンバーを抱えた賢治の苦労は、極めて大きく深いものだったと思います。3・15事件の弾圧の後、賢治が6月に伊豆大島に伊藤七雄を訪ねたのも、大島の農芸学校の設立の相談だけではなかった。恐らくは労農派の分裂などの混乱について、折り入って相談したのではなかったか?その上で、政治活動の混乱の渦中から身を引いて、羅須地人協会の活動を立て直す必要に迫られたのではないか?さらに、恐らく党員として協会のメンバーだった高橋慶吾氏宛の書簡が残されていますが、そこでは一方で「農業生産の増殖」という肥料設計や土壌改良の活動、他方では政治活動を含む「社会事業」の「二兎を追て果して一兎を得べきや覚束なき次第」と述べています。
 ここでは社会事業としての政治活動への協力を整理する意味が込められているように読めます?農業生産活動と政治参加の活動の「二兎を追うものは一兎も得ず」と熟慮したうえでの賢治の決断だった。だから、政治活動とみなされる羅須地人協会の「集会活動」を止めたのではないか。にもかかわらず肥料設計や花壇設計などの農業生産活動、そして協同組合である「産業組合」の活動への夢、「ポラーノの広場」の「イーハトヴォ」の夢は追い続けたのではないか?
[PR]
by kenjitomorris | 2016-08-09 13:08



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧