<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
上野の森の都美術館「生活と芸術―アート&クラフツ展」
a0063220_172222.jpg 今年の春は早く、西の方から桜前線が急速に北上、東北・仙台でも4月に入れば、早々に開花宣言かも知れません。「賢治とモリスの館」、見事なカタクリの花の群生と姫ギフ蝶の乱舞の舞台は、桜の開花とほぼ同じ季節です。それに会わせて「館」のオープンですから、いよいよ今年も開館の準備に入ります。4月早々、皆様のご来訪をお待ちします。宜しく。

 3月19日(木)上野の東京都美術館で1月から開催の「アート&クラフツ展」―ウイリアム・モリスから民芸まで―を観覧してきました。
 その前日18日には、昨秋「館」のイングリッシュ・ガーデンのリフォームをした際、女性造園技能者の育成・技能承継のモデルづくりを試みました。その報告書の発表を、「虎ノ門パストラル」で行いました。

 まず「女性技能者(造園)の確保・育成にむけた指導カリキュラム・実習教材等、女性技能者活用方策の検討」ですが、国交省・厚労省の関係団体の(財)建設業振興基金の主催で、「みやぎ建設総合センター」の事業内容として、プレゼンテーションを行いました。
 07年6月、英コッツウオールズを訪れた際の写真を使い、イングリッシュ・ガーデニングのメッカにモリスのケルムスコットマナーもあり、アート&クラフツ運動との結びつきを紹介しました。NHK、BSハイビジョンの「世界で一番美しい村」、そこでの「女3代の庭造り」、モリスの運動の継承者C.R.アシュビーのギルド工房に働く女性技能者の姿、①イングリッシュ・ガーデニング、②女性技能者の活躍、③技能承継とギルド、3つのキーワードで、わが「賢治とモリスの館」を実習現場として、今回制作した指導カリキュラム・実習教材を紹介しました。わずか30分足らずの短い時間でしたが、仙台・作並で行われた新しいアーツ&クラフツ運動の意義は充分伝わったように思います。

 翌日午後、念願の上野の森の都美術館に出かけました。東京は汗ばむほどの暖かさ、桜も咲き始めていましたが、週日なので混雑も無く、ゆっくり観覧できました。
 今回は、全体がアーツ&クラフツ運動の発展と継承に力点が置かれた展示だからでしょう、モリスに関しての展示は多くはありません。それでもテキスタイルや壁紙、V&Aのグリーンダイニング・ルーム、ケルムスコット・マナーの紹介写真、それに本では『プロテウスの恋愛叙事詩と歌』、彩色手稿本『詩の本』、『黄金伝説』、いずれも「賢治とモリスの館」のコレクションにも含まれていて、とても身近な感じを受けます。これからの「館」の展示方法の参考になります。
 展示は、大きく3つに分かれ、第1のイギリスでは、モリスに始まり、ロンドンから地方都市へ、そして田園地方へ、アーツ&クラフツが芸術運動として、つまりアーツ&クラフツ運動として拡大発展した流れが整理されます。とくに田園への発展として、コッツウオールズのチッピング・カムデンのアシュビーによるギルド工房が紹介されていました。「昨日、女性技能者の技能承継としてプレゼンテーションしたばかりだ」と思いながら、
日本における新しいアーツ&クラフツ運動の意義を痛感した次第です。
 第2のヨーロッパ、アールヌーボーから、さらにドイツ、スカンジナビア、ロシア各地への運動の拡大、それに技能と工業技術、国家主義との関係と運動の変容、興味深い論点が沢山提起されていました。不勉強で知らないものが多く、良い勉強になったと思います。ただ、アメリカが抜け落ちています。マッキントッシュなど、アーツ&クラフツ運動の国際的拡大にとって、米国を抜きには出来ない。恐らく、昨年開かれた埼玉県立近代美術館の「アート&クラフツ展」が、すでにアメリカへの拡大発展を取り上げたので、今回重複を避けたものと推察されます。去年と今年、2つの展示会を総合すると、アーツ&クラフツ運動の世界的拡大が全体として捉えられる、そう思います。ご参考までに。
 第3は日本、民芸運動とのつながりです。「三国荘」の再現など、とても興味深く観覧できました。民芸は今回の企画の大きな狙いだし、いよいよ日本のアーツ&クラフト運動の登場する時代の訪れを感じさせます。「賢治とモリスの館」としても、嬉しい限りの企画だと思います。ただ、少し民俗学的になりすぎてはいないか、またモリスのアーツ&クラフツと、どう結びつくのか明確さに欠ける展示もあるように感じます。さらに、工芸
に限れば民芸が中心でしょうが、日本の明治・大正期のモリスたちの運動の受容は、工芸より社会・芸術思想が中心だった。さらに「館」としては、宮沢賢治の「羅須地人協会」とモリスとのつながりも、少し感じさせて欲しかった。そんな感想です。

 でも、昨年から今年、「百年に1度」の世界大不況の中で、暮らしの見直し、働くことの意味など、根本から考え直す時代が来たように思います。百年前の昭和恐慌の時代、宮沢賢治が花巻の「羅須地人協会」を立ち上げ、モリスのアーツ&クラフツ運動から学んだ農民芸術論、いま皆でじっくり考えたいと思います。
  写真は、C.R.アシュビーの建てたチッピング・カムデンのギルド工房です。a0063220_1733094.jpg
[PR]
by kenjitomorris | 2009-03-21 17:15
仙山線宝さがし展
 今年の冬、仙台地方は雪が少なく、作並もほとんど雪が消えて無くなって来ました。春の訪れは早く、「賢治とモリスの館」も、いよいよオープンの準備に入ります。
 ただ、道路にはまだ雪があり、車は入れない状態です。でも、一度まとまった雨が降れば、雪はすぐ消えそうです。昨秋、リホームした館の庭も、とくに雪害はなさそうで、今年の春も美しい花が私共を迎えてくれると思います。
 皆さん、もう少しお待ち下さい。春はそこまで来ています。

 昨年オープンした作並温泉の観光センター「作並湯の駅Lasanta」で、3・15~17まで、「仙山線宝さがし展’08」が開かれました。3・8~13には、山形県立図書館「遊学館」でも開催された、パネル展です。今年は活動2年目だそうですが、作並ではニッカウヰスキーと並んで「賢治とモリスの館」が、仙山線の「お宝」に選ばれました。
 この企画、「東北芸術工科大学」の山下英一先生のゼミの先輩後輩が組織する「NPO法人宝さがしから地域デザインを考える会」が主催したもので、一昨年から何度も「館」を訪問され、パネル作成を続けられたものです。
 いま、JR仙山線を中心に、仙山圏の自然、歴史、文化を探検して、新しい地域をデザインする試みは、まさにW・モリスや賢治のアート&クラフツ運動の実践だと思います。そして、東北芸術工科大学の名前に相応しい教育実践ではないか、「賢治とモリスの館」が少しでも、お役に立ち協力できることを、心から喜んでおります。
 パネルは、館に置いてありますので、是非ご覧下さい。a0063220_1635547.jpg
a0063220_16363234.jpg
a0063220_16372274.jpg
[PR]
by kenjitomorris | 2009-03-16 16:40
4月2日の講演会、中止になりました。
 上野の東京都美術館のモリスのアート&クラフト展、大変盛況のようですね。最近の世界金融危機など、われわれの暮らしを根本から見直す上でも、いまモリスから賢治など民芸への「アート&クラフツ運動」の意義を、しっかり捉え直す必要があると思います。
 ただ先般、この「最新情報」でお伝えした、4月2日クラブツーリズムの小生の講演会、残念ながら主催者の都合で中止になりました。お問い合わせなど、ご連絡いただいている方には申し訳ありませんが、小生は3月中に展覧会に出かけます。感想など、ここに書き込むつもりですし、作並の「賢治とモリスの館」で、皆さんと語り合える機会があれば、まことに嬉しい限りです。宜しくお願いします。

 3月1日、恒例になりましたが、NPO法人シニアネット仙台の朗読グループ「注文の多い料理店」が仙台市青葉区中央市民センターの第5回「ふれあい祭:和気藹々・一番町」に参加しました。今年で3回目ですが、宮沢賢治の『注文の多い料理店』に含まれている「月夜のでんしんばしら」を朗読しました。賢治の作詞・作曲の軍歌も入っていて、後期高齢者が元気一杯、大声で歌いまくりました。賢治が聴いたら、笑ったでしょうね。
 賢治の作品では、「月夜のでんしんばしら」もそうだし、『銀河鉄道の夜』もそうですが、当時建設されたローカル線への複雑な思いが語られていますね。モリスの『ユートピア便り』の船旅とは、言わば対照的ですが、時代背景の違いとともに、近代化への複雑な思いが伝わってくる作品です。色々考えさせられます。
a0063220_1871289.jpg

 
 
[PR]
by kenjitomorris | 2009-03-03 18:11



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧