<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
アート&クラフト運動の復位
<情報コーナー><研究ノート>
 コッツウォルズの庭園のガーデニングを見て感じたことだが、単に庭造りや花壇造りの美しさではないことだ。2泊したMill Deneのガーデンに代表されると思うが、庭造りがアート&クラフト運動に裏付けられ、それに結びついていることだ。ここは1千坪余りの庭で、あまり広くない。NHKのBSハイヴィジョンで放送されたキフツゲート・コート・ガーデンズやナショナルトラストの庭園などと比べたら、小規模なので日本の庭造りには身近だ。
 Millの名前から分かる通り、もともと水車小屋を利用したもので、川の流れを池に利用している。沢山の魚が泳ぐ。川べりとの土地の段差を活用して、羊の遊ぶ牧場を景観に取り入れている。キッチンガーデン、果樹園、スタンダード仕立ての蔓バラの小徑、さらに小さなクリケット場もある。川や丘陵の自然と自生の花木(日本では山野草だが)をベースにしているが、庭としては実に多様な組み合わせの工夫が凝らされている。
 アート&クラフトを感じるのは、心憎いほど上手に配置された庭のオブジェ、モニュメント、ガーデン・ファ二チャーだ。ストーン・アートの著名な作品も並べられていて、まさに「庭園ミュージアム」だ。休日は沢山の訪問客があるし、オープンなのはガーデンだけではない。ここは宿泊もできるB・B(Bed&Breakfast)、つまりオープン・ハウスなのだ。手作りジャムなどの朝食は、ロンドンなど他のどのホテルの朝食より良かった。
 そこの女主人が、一読するよう薦めてくれたのが「コッツウォルズとC・R・Ashbee」を紹介した小冊子だった。翌日でかけたチッピング・カムデン、ここは13-14世紀栄えたウール・タウンで、ハニー・カラーのライム・ストーンの家並みが実に美しい。タクシードライバーの案内してくれたのが、BSハイヴィジョンで見たことのある「The Guild Craft Workshops」である。入り口には、1902年にギルドを再建したAshbeeの名前のあるプレートが入っているではないか。モリスのアート&クラフト運動の後継者の代表がAshbee だ。ここにもモリスがいる。
 ギルドの仕事場では、テレビですでに面識のあった3人のクラフトマンが手作りの銀器を製作中だった。NHKのテレビ放送のことも知っていたからだろうか、気持ちよくカメラに収まってくれた。製作した銀器を販売し、ギャラリーでは日本の和服を含むクラフト・グッズも展示されている。また、中世ではなく21世紀のギルドだ。テレビでは紹介されなかったが、クラフトウーマンの若い女性の職人さんも一生懸命手作りの仕事に励んでいた。
 女主人のアドヴァイスの心遣いに感謝しつつ、隣の本屋に飛び込んだ。紹介された冊子は品切れだったが、Ashbeeについての大部の伝記が見つかった。C・Alan”C・R・Ashbee:Architect,Designer and Romantic Socialist” いささか高価な買い物になったが、記念に買い求めた。モリスからAshbeeへ、いよいよアート&クラフト運動の勉強を始めなければならない。残り少なくなった人生、知力も体力も大丈夫だろうか?
 『ウィリアム・モリスへの旅』のガイドに従い、ロンドンではリヴァプール駅に近いオールド・スピタル・フィールド・マーケットに隣接の「歴史建築物保存協会」に出掛けた。ここはマーケットの再開発の波が隣まで押し寄せていた。情報化やグローバル化による歴史の転換に、協会はどのように対応するのか?休日で閉まっていたが、さらにモリス達が「赤い家」での結婚生活に入る前、活動の場となった「レッド・ライオン・スクエア」を訪れ、「芸術ギルド協会」の所在も確かめることができた。ギルドの名が、中世の昔ではなく、コッツウォルズとともにロンドンの中心部にも、ちゃんと生きているのである。
 英ポンドは強い。円安の日本からの旅行者には痛い。サッチャーの新保守主義、金融ビッグバン、ポスト冷戦のグローバル化や情報化を利用した金融立国が成功だった。同時に、「世界で一番美しい村」のアート&クラフト運動も生きている。低成長ながら14年の景気拡大は、日本の「いざなぎ越え」をとっくに超え、世界最長だ。イギリスは面白い国である。
 そんなことを考えながら、25年前、読書室の利用でお世話になった大英博物館の前に来た。ここは休日オープン、玄関前の垂れ幕に日本の和服とともに、大きく「Crafting Beauty in Modern Japan」とある。7月19日から始まる企画展の宣伝なのだ。今、なぜ大英博が「近代日本の工芸美」と銘打った企画展をやるのか。昨年は、パリのオペラ座で日本の歌舞伎が大盛況だった。
 英仏、ヨーロッパの日本への眼は、日本の工芸、伝統美に向けられている。新しいジャポニズムか?そう言えば、アート&クラフト運動は、自然環境への関心による庭園設計の影響とともに、東洋・日本の影響が英国の装飾デザインに影響した、とも言われている。ロンドンの宿泊は、ヴィクトリア&アルバート博物館に近い、「モリスの部屋」もあるホテル「GALLERY」だった。お陰で目の前のV&Aには3回も足を運び、昨年10月から一般利用の再開されたモリスのデザインによる「グリーン・ダィニング・ルーム」で、壁紙やステンドグラスをゆっくり鑑賞しながら食事を楽しんだ。
a0063220_13491559.jpg

[PR]
by kenjitomorris | 2007-07-12 21:53
ハマスミスの船着場から
<情報コーナー><研究ノート> 
 『ユートピア便り』は、コッツウォルズのケルムスコット・マナーへの船旅の話である。旅の出発点がロンドンのハマスミス、モリスは1878-96年に亡くなるまで、そこの「ケルムスコット・ハウス」に住んだ。窓の上に「ウィリアム・モリス、詩人、工芸家、社会主義者、ここに住んだ」とプレートも入っている。その地階がウィリアム・モリス協会の本部であり、入り口には協会の看板の上にステンドグラスが填め込まれ、中にモリスの写真が貼ってあった。覗くと、中から今にもモリスが「さあ、これから船に乗り、マナーに行きましょう」と呼び掛けているようだ。
 地下の本部の窓の上に、金文字で「客人および隣人諸君、このゲスト・ホールの位置にかってハマスミス社会主義協会の講堂建てりき、その思い出のために乾杯せよ!1962年5月」(五島・飯塚訳、中公クラシックス版)と『ユートピア便り』の一節が刻み込まれている。1890年に書かれたのだから、72年後の訪問者へのメッセージだ。当時、E・べラミーなど「国家社会主義」の影響拡大を憂慮して書かれた『ユートピア便り』だったが、すでにソ連崩壊の今日、モリスは何と訴えるだろうか。
 目の前はテムズ河の大きな流れである。船着場の桟橋が並ぶ。船旅を愛したモリスは、週末を利用するように、ここからコッツウォルズのマナーに通ったのだ。とすれば、マナーを「隠れ家」と呼ぶのは適当ではないと思う。休息と思索の場であり、別荘だった。わざわざケルムスコットの名を付けた「ハウス」が仕事場だったのだ。テムズの流れが、ケルムスコットのマナーとハウスを結んでいる。やはりモリスは、ロンドンっ子ではない。コッツウォルズの「地人」なのだ。そんなことを考えながら、モリスも通ったであろう、1845年からの向かいの桟橋の袂のパブ、「The Dove」でアフタヌーン・ティーを飲んだ。 
 ロンドンでのモリスめぐりは、もっぱら藤田晴彦著『ウィリアム・モリスへの旅』の指示に従って歩き回った。適切なガイドで大助かりだった。「ウィリアム・モリス・ギャラリー」「赤い家」の2ヵ所を1日で回ることが出来た。
  「赤い家」は初めての訪問だった。田園風景を予想していたが、ロンドン郊外の典型的な住宅街の中にある。しかし、深い緑の木々に囲まれた赤レンガの建物は目立っている。朝日新聞が「モリスの赤い家」のタイトルで、「奇想遺産」の1つとして紹介したのも頷ける。(07年2月18日付)この紹介のためか、またナショナル・トラストに含められたこともあるのだろう、「このところ日本人の訪問客が急増」とのことだった。日本語の解説者が居ないので困っていた。ここの解説は丁寧で、米国からの建築家も一緒だったせいか、15分の予定が1時間にも及んだ。
 慌てて次の「ギャラリー」に向かった。ただ、指示に従い地下鉄ヴィクトリア線の終点ウォルサムストウ・セントラルまで行く積りだった。ところが土日の週末、ロンドン地下鉄は終点まで運転せず、3っ手前の駅からバスで代替輸送。今や通勤・通学の大量高速の交通機関は機能停止なのだ。さらにバスが交通渋滞に巻き込まれ、危うく閉館時間に遅れるところだった。何とか滑り込んだが、それだけに「ギャラリー」の充実した展示物の素晴らしさに十分満足した。
 モリス、1863年に開通した世界最初のロンドン地下鉄が大嫌いだった。「せかせかした、不満そうな人類の蒸しぶろ―地下鉄」と『ユートピア便り』にも書いている。その地下鉄、ロンドンのその後の都市膨張により、モリスが生まれ育ったウォルサムストウまで延伸してきた(1968年延伸)。しかし、今や工業化社会の大量生産・大量消費の時代は終わった。同時に、テロ攻撃の温床にもなって居る。大量高速の地下鉄神話の時代も限界だ。すでに土日は運休である。
 時間が無く、残念ながらモリス少年が、兄弟たちと遊んだ近くの自然豊かな「エピングの森」には行けなかった。地下鉄開業などによる都市化の乱開発で、周辺の環境は「安普請の家が建て込んで息苦しい」小住宅の列だ。しかし、「ギャラリー」の建物だけは、黄褐色のレンガの3階建て、館の北側にはボート遊びができる濠もある。「ウォーター・ハウス」と呼ばれ、公園として今も市民の憩いの場になっている。
 モリスは、地下鉄が嫌いで、船旅を愛した。ケルムスコット・ハウスからマナーへ、かれはスローな旅とスローな生活を愛し、21世紀を予言しながら名作『ユートピア便り』を書き残して呉れた。そして、コッツウォウルズは今、「世界で一番美しい村」なのだ。
a0063220_13372686.jpg

[PR]
by kenjitomorris | 2007-07-12 15:21
コッツウォルズとW・モリス
<情報コーナー><研究ノート>
 07年6月17日より27日まで訪英し、コッツウォルズとロンドンを個人旅行(8泊9日)した。その報告を兼ねて、見たこと、感じたこと、そして考えたことを、少し書いてみよう。
 先ずはコッツウォルズから。こちら3泊4日の短い旅だったが、「賢治」風に表現すれば、モリスはコッツウォルズの「地人」である。モリスのデザインも、詩も、政治評論も、その地人芸術なのだ。コッツウォルズを抜きに、モリスの芸術も、思想も、文学も語れない、それが今度の旅の結論だろう。
 コッツウォルズは今、世界から注目されている。日本では、NHKのBSハイヴィジョンで「世界で一番美しい村」として、ガーデニングを中心に紹介された。モリスは、100年以上前、「イングランドで一番美しい村」と書いたが、いまや「世界一」に格上げである。その「美しさ」だが、単に自然の美しさではない。自然の美しさなら、日本でも、もっと美しい風景が沢山あるはずだ。世界中には、さらに一層素晴らしい自然があるだろう。
 コッツウォルズが世界一なのは、その自然の美しさだけではない。庭や花の美しさだけではないと思う。ガーデニングが暮らしの中に生きていること、人々が自然の中に生きる美しさ、それが世界一なのだ。暮らしの生活の美しさであり、モリスが主唱して止まなかった、「生活芸術」(Lesser Art)の美ではないかと思う。という意味で、モリスの芸術は、コッツウォルズの「地人芸術」なのだ。
 これは出掛ける前からの知識だが、モリスの祖父は、イギリスのウエールズの出身だが、イングランドのコッツウォルズに隣接するウースターの町で成功した。明治の初め『米欧回覧実記』の岩倉具視も立ち寄り、ジャポニズムの影響の強い陶磁器、ロイヤル・ウースターで有名だ。ソースも生産された。ソースの代名詞になっているウースター・ソースだ。羊毛工業では、コッツウォルズと一体で発展した歴史の町でもある。モリスの父は、ウースターで町の娘さんと結婚し、モリスが誕生した。1834年のことである。
 モリスは、父がロンドンの金融界で成功したこともあり、ロンドン郊外で生まれ、育った。大学はオックスフォードのエクセター・カレッジだが、沢山のカレッジの集まるオックスフォードの町も、地域的にはコッツウォルズに含まれる。コッツウォルズ、南北に別れていて、オックスフォードは南の端の拠点である。モリスが仲間とともに、カレッジのユニオンの壁画を描いた、そして妻ジェインとの愛と結婚につながった町だ。昔1982年、オックスフォードでA・ブリッグス学長から、K・マルクスからモリスへの研究を薦められた日の事を懐かしく想い出しながら、オックスフォード駅を過ぎた。
 念のため書き加えておくが、有名なシェクスピアの故郷、Stratford-Upon-Avonもそうだし、 ローマの浴場の歴史の町Bathも広域コッツウォルズの一部だそうだ。だから自然だけではない。歴史や文化の実り豊かな土壌がある。われわれ個人旅行は、鉄道とともに、移動はもっぱらハイヤーを利用した。観光ガイドを兼ねた、じつに親切なドライバー氏、彼もShakespeare Tour.coの所属だった。
 コッツウォルズへの旅の目的、むろん「世界で一番美しい村」を訪れることだ。さらに、モリスの『ユートピア便り』の船旅の到達点、別荘として利用された「ケルムスコット・マナー」に出かけることだった。その日、マナーがオープンするのに日程も合わせた。小さな村が多いが、中でもさらに小さな村がケルムスコットであり、そこにひっそりと建っていた。とはいえ、マナーがオープンだから、その日は訪問客が沢山いたし、内部は順番待ちで見学した。まだ、ナショナルトラストに入っていないためか、地域のボランティアが案内役のように見受けられた。地域がマナーを守り、維持する姿勢が強く感じられる。
 一番嬉しかった事、それは『ユートピア便り』の口絵にある、あのスタンダード仕立てのバラが玄関先の両側に美しく花を咲かせていたことだ。このバラの仕立てには、大変手間隙かかる。わが仙台の「館」の庭の同じバラの手入れの経験からわかる。口絵を描いた、その日から120年は経っている。でも、その日のまま、口絵のようにピンクのバラが咲き匂っているではないか。「ああ、ここまで来た甲斐があった。」モリスのユートピア社会主義が美しく生きている。
 「ロセッティとジェインが同じ時を過ごした<隠れ家>ケルムスコット・マナー」として、バラの並ぶ写真とともに、マナーの写真が07年7月8日の日経新聞に大きく紹介された。マルクスにも、妻が連れてきた女中さんに私生児を産ませた話がある。ヴィクトリア期には、よくあったスキャンダラスな事件も、マナーの長い歴史には刻まれている。しかし、モリスは死ぬまで、ここマナーに憩いの場を求めつづけた。彼の発想、思索の源泉となり、『ユートピア便り』の舞台になった。いま、この小村の質素な教会の墓地の草むらに、モリスとジェインは仲良く、娘たちとともに眠っている。
a0063220_21211655.jpg

[PR]
by kenjitomorris | 2007-07-08 22:22



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧