<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
堺利彦の和歌
 モリスの著作が、とくに沢山の著作の中で『理想郷』(ユートピア便り)が、明治の日本で堺利彦の手で翻訳され、紹介されたことは興味深いことだ。詩集や物語の翻訳ではなかった。モリスがマルクスの『資本論』仏訳を苦心して読み、そのうえで理想社会を大胆に、明るく、生き生きと描いた社会主義論だ。モリスからいえば、それは100年以上も未来のロンドンであり、テームズを遡ったコッツワォールドの田園地帯が社会主義の理想郷だった。しかし、マルクスは亡くなり、『空想から科学へ』のエンゲルスによるモリス評価は、たんに「空想的社会主義」として冷淡なものだった。
 堺がモリス『理想郷』を訳したのは、1903-4年のことだ。レーニンのロシア革命、つまりソ連型社会主義より10年以上も前の話。そこにはソ連型社会主義の一党独裁のイデオロギーの支配はまだ無かった。モリスの社会主義の理想が自由に語られ、堺もまた、モリスの共同体を基礎とした「その詩的な、美的な、自由な、悠長な生活ぶりが、人の心を引くに足る」と紹介し、さらに「モリスはいつまでも多くの人に愛読されている」とまで称えている。まさに堺は、その時モリス主義者だった。その堺により1906年「日本社会党」が誕生、明治時代の「初期社会主義」の産声が上がったことを書き止めておく。
 文人としての堺は、小説や随筆、俳句や和歌も詠んだ。和歌の1つに、出身地の福岡県の田舎を回想した、こんなものがある。

        今もなほ 蕨生ふるや茸いづや                
               わが故郷の痩せ松原に   とし彦

 これが掛け軸となり、戦後日本社会党の委員長を務めた鈴木茂三郎さん、さらに大内兵衛先生、わが恩師の大内力先生から、小生の東北大学退官のとき頂戴した。「記念までに堺 枯川の軸を進呈申しあげます。社会主義の思い出にはなるかもしれません」との添え書きとともに。
 今度、堺の『理想郷』初版を手に入れたこともあり、ぜひ一緒に「賢治とモリスの館」に並べさせて貰いたいと思っている。興味のある方は、是非ご覧下さい。              
[PR]
by kenjitomorris | 2006-01-31 22:52
堺利彦『理想郷』の検索
 06年、新年である。皆さん、おめでとう御座います。今年も宜しく。
 古本探しで新年、正確には年末から、年越しだった。『日本の古本屋』さんにも沢山お世話になった。神田の古本屋街を歩くのは楽しい。ネットの古本サーフィンも,結構楽しいものだ。病み付きになりそうだ。
 検索で探し当て、ようやく手元に届いたのは、明治37年(1904)刊、ヰリアム、モリス原著、堺 枯川抄訳『理想郷』である。100年以上前のもので、表紙に「平民文庫五銭本」、わずか38ページのパンフだ。はじめにモリスの顔のスケッチ、その裏にヰリアム、モリス小伝が付いている。薄茶色に日焼けしたページをめくりながら、恋人に会ったような気分、実に嬉しい。
 このモリスの『理想郷』、1903年1月3日から4月17日まで、14回に亘り週刊『平民新聞』に連載された。連載の最終回で堺は、筆禍事件で4月21日から入獄することを告げ、「若し他日機を得ば、更に潤色を加えて小冊子となすべき心組である」と述べた。そして04年12月25日に、わが手にあるパンフが無事刊行された。堺が出獄して半年目のことだ。これこそ抄訳とはいえ、日本にモリスの著作が始めて翻訳されたのだ。
 多田 稔氏の解説だと、詩人やデザイナーとしてのモリスは、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)などにより、明治20年代から紹介されていた。社会主義者としても紹介されたが、「モリスの著作の翻訳一番手」は、何と言っても堺の『理想郷』なのだ。初版2000部だったそうだが、その1冊が101年たって、いまここにある。「賢治とモリスの館」の展示品がまた1つ増えた。
 古本を検索しながら、大正9年(1920)刊の同じ堺訳『理想郷』も購入できた。大逆事件などにより長く絶版だった『理想郷』を、堺自身が手を入れて出版したものだ。しかし、「『危険』な箇所を大ぶん多く削除した」と書いてある。例えば、無政府無国会の「無政府」、「国家の消滅」が目次の中でも伏字になつている。軍国主義の弾圧の中で、東北農村の宮沢賢治がモリスを学び、農民芸術を書いた事情を察することができる。
 堺はモリスの著作『News from Nowhere』を、『理想郷』と題して翻訳した。戦後は『ユートピアだより』とされている。ただ、大正14年(1925)に布施延雄の訳もある。これは『無何有郷だより』と題されている。明治、大正、昭和、そして平成へ、時代の変化の中で、賢治とモリスの芸術と思想を捉え返してみたい。  a0063220_17442773.jpg
[PR]
by kenjitomorris | 2006-01-15 21:43



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧