賢治詩の動物世界
<情報コーナー>
 1)岩手大学に「宮沢賢治センター」が平成18年6月1日にオープンし、その際入会しました。ほぼ毎月、月例研究会が開かれています。しかし、盛岡なので欠席がちですが、今回3月25日に話題「賢治詩の動物世界」に惹かれて久しぶりに出席しました。内容は<研究ノート>で取り上げます。
 2)今年は春が早く、作並も雪が消え、群生のカタクリの花、もう蕾を膨らまし、開花を待つばかりです。31日、仙台は春の雪に見舞われましたが、余り冷え込まなければ、4月10日頃にはカタクリ美しく咲き揃いそうです。お出かけ下さい。
 3)W・モリスの代表的なタペストリーのデザイン「キツツキ」1885年を飾りました。1年半前に注文し、ようやく出来上がりました。シルクの織りですが、中国でナンバー1と言われる河南省の鎮平工房で制作された美しいタペストリーです。是非ご覧下さい。
a0063220_21431551.jpg


<研究ノート> 
賢治もモリスも、動物や植物の自然をモチーフにしたアーチストである。モリスはタペストリーでも、キツツキとアーカンサスを素材にしたデザインだ。代表作「イチゴ泥棒」では、イチゴを咥えた「つぐみ」のシンメトリーがデザインされている。カーテン地、壁紙、それにタペストリーにも利用されている代表的なデザインだ。賢治の鳥の研究家である赤田秀子さんは、「モリスも賢治も、それぞれの環境の中の自然の動植物から新たな世界を構築して、われわれを魅了するのである。それを享受できることは、経済でまかなうことのできない精神の贅沢さでもある。」(「自然の中から新しい物語を見つけた人―モリスの鳥と賢治の鳥と―」『賢治とモリスの環境芸術』の栞より)と、的確に2人の天才について述べておられる。 
 岩手大学の「宮沢賢治センター」での研究会、同大の名誉教授・吉田勝一さんの報告で、ご専門の生物学的視点からの「賢治詩の動物世界」のお話だった。糸ミミズなどゼンケイ動物の話など、賢治の口語詩に登場する動物の分類を詳細に話された。口語詩では頻度のトップは馬、ついで鳥、犬、ヒバリ、全童話では、馬、鳥、魚、鼠、兎と続く。賢治作品では、詩も童話も馬、そして鳥である。その点で、鳥は賢治とモリスに共通の環境芸術のモチーフだった、と言える。
 登場頻度からすると、鹿は多くない。実は、今度の研究会への個人的な期待では、賢治の童話「鹿踊りのはじまり」を朗読するのに、鹿の動物生態の特徴を少しでも知りたくて、わざわざ盛岡まで足を運んだのだ。鹿の好奇心と警戒心の矛盾など、動物生態として、どう考えたらいいか、そこが知りたかった。この期待は、残念ながら充たされなかったが、それは当方の勝手な、一方的な要求であり、仕方のないことだと思う。
 しかし、鹿の話も出てきた。報告のメインな内容ではなかったが、賢治作品における自然保護、環境保全に関連して、賢治が奥山の熊など、そして里山の犬、さらに市街地の商店の関係を十分念頭において作品を構成していたこと。そうした作品構成においては、賢治が若い頃から、アメリカの思想家、哲学者、作家、詩人でもあるR・W・Emersonエマーソン(1803-82年)の自然観、超越主義に興味を持っていた点を強調された。さらにエマーソンの影響を受けたH・D・ソロー(1817-62年)の環境保護運動、そして米・グランド・キャ二オンのカイバブ高原での鹿の捕食者と被捕食者の関係による絶滅の話題も紹介された。カイバブ高原の鹿については、こんな説明もある。
 「グランド・キャニオンに生存する最大の動物はエルクと呼ばれる大型の鹿。現存のエルクは、ロッキー・マウンテン・エルクと呼ばれ、実は1913年から1928年の間にイエローストーン国立公園から運ばれて定住したもの。では、もともとこの地にいたエルクはと言うと、残念ながら100年ほど前に絶滅してしまった。その原因は明確ではないが、ハンターによる乱獲、病気、または他の動物との生存競争に負けたこと、などが考えられる」(オアシス・バックナンバー00年11月号)
 いずれにしても生態系が無視されて、鹿の激増から餓死による絶滅の悲劇である。こうした中で、エマーソンなどの超越主義による自然保護思想が発言力を増し、賢治もまた盛岡中学時代から興味を持っていたとのことだ。そして、エマーソンもソローも、モリスと時代が重なっている。
イギリスに始まる産業革命の大量生産・大量販売・大量消費の波が、大西洋を渡りアメリカに拡大する。そうした中で工業化社会の開発による自然破壊が問題になる。そこから自然環境保護運動が始まり、歴史的建造物の保全の動きも生まれたのだ。
 エマーソンの『自然論』(1836年)がソローに影響し、賢治も『エマーソン論文集』(戸川秋骨訳)を中学時代から死ぬまで読んだらしい。その賢治が、産業革命の物質主義や金権主義を批判し、環境保護や歴史建造物保全に熱心だったモリスの文芸思想に惹かれていくのは、しごく当然なことでもあった。賢治やモリスの作品に鳥や鹿が描かれているのは、単なる素材としてではない。工業化社会を批判する新しい自然主義の思想に裏付けられていたのだ。
 今度の研究会でも、配布された資料には「彼らの自然保護思想:人間は自然の一部であり、生物はすべて同じ立場にあるという共生の考え方」、つまり超越主義の哲学思想が強調された。産業革命の機械制大工業は、中世までの農業を中心とした農耕社会の自然経済から、人間の自立と自然の利用の道を拓いた。人間は自然から独立して、機械を中心とする生産手段を利用、自然など労働対象に主体的に働きかけるシステムが資本制生産様式だった。
 しかし、軽工業から重化学工業へ、高度工業化は急速な生産力の発展とともに、単なる自然利用から、人間による自然の征服・破壊へ突き進んだのだ。大量生産・大量消費の効率主義は、市場経済のグローバル化とともに、産業公害から自然環境の破壊へ、今や地球温暖化が自然の生態系を破壊しつつ、人類を含めて生物の生存そのものを危機に陥れている。エマーソン・ソローからモリス、そしてナチュラリスト・賢治の今日的意義を確認すべきだろう。
[PR]
by kenjitomorris | 2008-03-31 21:47
<< モリスと「マルクス・イン・ロンドン」 宮沢賢治「鹿踊りのはじまり」 >>



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧