モリス・ハマスミス社会主義協会と羅須地人協会
<研究ノート>
 『ユートピア便り』の新しい世界は、美しい自然に生きる陽気で明るい男女の語らいに満ちている。しかし、反対にモリスの社会主義の政治活動は、惨憺たるものだった。政治の現実は、いつもどこでも、そんなものかも知れないが、それでもモリスは自らの芸術と結びついていた社会主義の夢を捨てようとはしなかった。
 モリスの社会主義への入門は遅く、1880年代を迎えてからだ。83年にマルクス派の「民主連盟」に加入、すぐ『資本論』を仏語版で読んだ。さらに87年に英語版でも読んだが、連盟の代表格のハインドマンとエンゲルスとの対立もあって、モリスはマルクスの娘エリノア、その情夫とも言えるエイヴリング、さらにマルクス理解の有力な協力者だったバックスらと共に、連盟を脱退した。そして、85年にエリノアなどと「社会主義者同盟」を結成した。その名はマルクス・エンゲルスの「共産主義者同盟」ではなく「社会主義者同盟」、宣言文を書き、機関紙『コモンウィール』を創刊、編集長になった。
 誠実なモリスは、上記バックスの協力を得ながら、社会主義発展史である「社会主義の根源」を『コモンウィール』に連載した。自らの社会主義の思想を歴史の原点から点検する厳しい作業だった。連載は86-87年にかけてであり、さらにここで『資本論』を読み直し、25本の連載論稿のうち、7本を『資本論』の経済理論の概説に当てたのである。その点に限れば、「唯物史観のエンゲルス」に対して、「『資本論』のモリス」の位置づけも可能ではなかろうか。
 実践家としてのモリスは、また真面目そのものだった。ロンドンのトラファルガー広場での「血の日曜日」の集会やデモにも参加、逮捕されたこともあった。犠牲者の救援にも奔走、各地の集会で講演し演説を繰り返した。涙ぐましいほどの社会主義の実践活動の中で、さらにモリスの詩作が続けられ、織物などの創作も行われた。まさに超人的ともいえる活動だった。そして1890年、『ユートピア便り』が執筆された。
 『ユートピア便り』は、『コモンウィール』に約1年間連載されたが、この時すでにモリスは編集権を奪われていた。同盟の主導権は、狡猾なアナーキスト派に牛耳られ、モリスは孤立して同志や古い友人も去ってしまった。経済的な犠牲だけでなく、心身ともに活動に捧げ尽くしたにもかかわらず、同年11月モリスは同盟を去ることになった。余りにも誠実なモリスは、権謀術数の渦巻く当時の政治活動の犠牲だったかも知れない。
 しかし、モリスは社会主義の運動を止めることはしなかった。「同盟」脱退と同時に、今度はエリノアなどと共に「ハマスミス社会主義協会」を結成した。ロンドンのハマスミスは、1878年にケルムスコット・ハウスに転居以来の生活エリアだ。ここで彼は、まさしく地域に根ざした運動構築を目指したと言えるだろう。同時に、「世の中に美しいものが2つある。美しい建築と美しい書物」、その本づくりのために、ケルムスコット・プレスを発足させた。木版の見事な本を次々に出版した。芸術と思想の統一が実現した。
 モリスにとって、詩を書き、壁紙をデザインし、本作りのアートクラフトの運動そのものが、社会主義の運動だった。地域の職人技能者に社会主義を講演し、集会で演説した。マルクス・レーニン主義のドグマ、プロレタリ独裁による権力の奪取ではない。職人技能者など、働くものの教育運動に、社会主義の夢を託そうとしたのだろう。そして1896年、ハマスミスの自宅で62歳の生涯を閉じた。その死について、1人の医師が「病名は、w・モリスだったというまさにそのことで、並の人の十人分以上の仕事をして亡くなりました。」すでに述べた多才極まりない活動に加えて、古建築物保全や環境保護運動の先駆者でもあった。こうした活躍を加えるなら、モリスの生涯はまさに超人的だったといえると思う。
 1986年、モリスの亡くなった、その年に宮沢賢治が岩手の花巻に生まれた。モリスと賢治、2人の生い立ちも、経歴も全く違う。しかし、賢治が花巻から盛岡の中学に進み、盛岡高等農林を卒業し、花巻に帰ってきた。そして、花巻の農学校で教壇に立ち、モリスのアート・アンド・クラフト運動など、労働の芸術化を中心に、「農民芸術概論」を講義した。その講義を、さらに地域の農民たちへの羅須地人協会の教育実践に発展させたのだ。賢治もまた、マルクスやエンゲルスを読み、ロシア革命のプロレタリア独裁には批判的視座に立っていた。そこに賢治のモリス継承の地平があったことを確認したい。
 モリスの生涯と彼の業績を、賢治のそれに重ね合わせることを許してもらおう。1)賢治の「農民芸術概論」とモリスの芸術思想、2)羅須地人協会とモリスの「ハマスミス社会主義協会」の活動、少なくともここに共通性を求めることが出来るのではないか?賢治とモリス、その超人的な多才な活動、余りにも誠実な生き様、2人の天才の残してくれたものは、『ユートピア便り』が予言した21世紀の現代に生きる人々にとって、まことに貴重な遺産ではなかろうか。
[PR]
by kenjitomorris | 2006-11-25 21:27
<< 賢治によるモリスの継承:「民衆... 「空想から科学へ」から「科学か... >>



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧