エンゲルス『空想から科学へ』
<研究ノート>
 マルクス・エンゲルスの著作の中で、最も多くの読者を獲得したのがエンゲルスの『空想から科学へ』だ。もともと『反デューリング論』の一部を独立させた小冊子として普及したこともあろう。題名が良かったこともベストセラーの秘密である。さらに難解なマルクス、とくに『資本論』などと違って、文章が読みやすいことも、多くの読者に歓迎されたと思う。エンゲルスは、天才のマルクスと比べるなら、まさに秀才なのだ。
 マルクスは、ドイツのボン大学、ベルリン大学に学んだ法学博士である。エンゲルスは、企業家の息子で家業を継ぐため学歴はない。大学の講義をモグリで聞いて勉強した独学家だ。しかし頭は切れるし鋭い。分かり易い文章で論陣を張った。天才マルクスと秀才エンゲルスは、稀にみる名コンビだと思う。マルクス主義は2人の共同作業の産物なのだ。まさにマル・エン全集である。
 しかし、いかに二人の仲がよく、一身同体だったとはいえ、やはり独立した人格の持ち主だ。それぞれの家庭―エンゲルスは独身だったが―も別だった。2人の考え方の違いもある。例えば『ドイツ・イデオロギー』など共同著作でも、「どちらが何処を書いたか」の「持分問題」が持ち上がるわけだ。とくにマルクスの死と同時期に公刊された『空想から科学へ』(1882ドイツ語版)は、エンゲルス独自の著作の性格が強い。当時の社会主義をめぐっての論争の中で、エンゲルスの社会主義の考え方が、もっとも直裁に原理的に展開されている。
 そこでエンゲルスの社会主義論だが、次のようなシェーマで概括されている。
「1、中世社会。小規模な個人的生産。生産手段は個人的使用に適合したものである。‐‐‐
 2、資本主義的革命。まず単純協業とマニュファクテュアによる工業への転化。‐‐‐生産手段 の大工場への集中。‐‐‐社会的生産物がここの資本家によって領有される。‐‐‐
 3、プロレタリア革命。プロレタリアートは公的権力を掌握し、‐‐‐社会的生産手段を公的所有
に転化する。‐‐‐今や予定の計画による社会的生産が可能になる。‐‐‐」
 要するに、中世封建主義は、私的(個人的)生産―私的所有
        近代資本主義は、社会的生産―私的(個人的)所有
        社会主義社会は、社会的生産―社会的(公的)所有
 このような図式からは、資本主義社会の基本的矛盾も、「生産の社会的性格に対する所有の私的性格の矛盾」として設定される。社会主義は、この基本矛盾を止揚するのであり、次のような図式として描かれる。
        1、生産手段の社会的所有=国有化
        2、社会的生産としての国家的計画経済
        3、中央集権型国家による独裁=プロレタリア独裁
 こうしたエンゲルス流の社会主義が、マルクス・レーニン主義のドグマとして、唯物史観の定式にセットされた。歴史的現実としては、第一次世界大戦でのロシアの敗北による革命であり、①「労兵ソビエト」によるプロレタリア独裁、②「全国の電化」による生産手段の国有化、そして③クレムリン主導の指令型計画経済―このロシア革命によるソ連型社会主義が、さらに「歴史と論理」、「理論と実践」、「科学とイデオロギー」の三位一体の統一となり、「科学的社会主義」としてドグマ化されたのだ。
 しかし、そもそもマルクス・エンゲルスの唯物史観は、1840年代の初期マルクスから、50年代の『経済学批判』の中期マルクスまでに定式化された、いわば歴史の流れの仮説に過ぎない。それもエンゲルスの考えが強く反映されたとも言えるが、論証も実証もされていない単なる仮説なのだ。生産力に対する生産関係は法的所有関係だし、上部構造の法的イデオロギーだ。だから所有論的に個人的・私的所有から公的・社会的所有=国有化が導かれ、科学とイデオロギー、歴史と論理の統一、理論と実践の統一のドグマも生まれる。
 こうしたドグマがマルクス・レーニン主義のイデオロギーとして公式化し、ソ連型社会主義の前提となった。硬直した体制が、東西2つの世界の対立の中で、次第に破綻を迎えたのがソ連崩壊だったのではないか?『空想から科学へ』の破綻であり、崩壊である。ソ連崩壊は、マルクスレーニン主義のドグマの根本的再検討を迫ったのだ。
 
[PR]
by kenjitomorris | 2006-10-31 15:37
<< モリスとマルクス主義 W・モリスの社会主義 >>



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧