漱石のロンドン留学と2人のモリス
 ウィリアム・モリスと宮沢賢治の点と点を結ぶ線上で、とくに夏目漱石のロンドン留学が注目されます。すでに、このブログでも何度か取り上げて、モリスと漱石の接点を探りました。(「モリスと夏目漱石の接点を探る」2010年2月27日より5月8日まで4回連載、さらに5月9日「漱石発狂す―夏目漱石のロンドン生活」参照)ここで少し補足したいと思います。

 先ず、すでに紹介しましたが、漱石文庫に収められている彼の日記から、1901年7月9日に「HolbornニテSwinburne及Morrisヲ買フ」とあります。ここのMorrisは明らかにW.Morrisでしょう。モリスの本を買い込んで、読み始めた。ただ、東北大学図書館の漱石文庫には、Morrisの本が4冊あり、そのうち3冊はロンドンでこの時購入したと思われます。しかし、「Art and its Producer, and the Arts and Crafts of Today」は、漱石が日本に帰国後、丸善から購入したことが、同図書館の木戸浦氏により明らかにされました。漱石の当時の関心が、社会主義やArts&Crafts運動より、モリスのラファエロ前派との関係にあり、その後しだいにアーツ&クラフツ運動や社会主義に関心を寄せるようになった推移が伺われます。先日の仙台文学館のシンポの成果だと思います。

 さらに日記には、9月7日「モリスヲ連レテHyde Park邊ヲ散歩ス」とあり、ここの「モリス」を漱石が購入したモリスの本と解釈してみました。さらに漱石は、9月21日にも「Morrisヲ連レテ散歩ス」と書き、どうやら散歩にモリスの本を持参、公園などで読書を楽しんでいた、と推測したのです。この推測には、すでに平山 昇氏からも注意があり、「モリス」はウィリアム・モリスではなく、モリスという名前の少年のことらしい、と指摘されました。今度また、木戸浦氏からシンポの後ですが、個人的に注意がありました。そこで、問題にされている9月2日の漱石の日記ですが、「夜 佛ノ少年モリス兄ニ残サレテ泣イテ居ル故(カルタ)ヲシテ遊ブ」とあり、孤独な漱石と孤独な仏の少年の交流という、心温まる話です。ですから、そのあと少年モリスと漱石が仲良く散歩した可能性も大きいと思います。

 漱石の日記は、ご覧のように簡単極まりないもので、Hyde Parkの散歩のお供をしたのが、少年モリス君か、購入したウィリアム・モリスの本なのか、それとも両方だったのか、日記だけでははっきりしません。9月21日の日記にも「Morris」との散歩がありますので、漱石は少年は「モリス」、本は「Morris」と書き分けたかもしれません。ただ、漱石がモリスの本を持参して散歩し、一生懸命読んでいたことは確かだし、さらにモリスと縁の深いV&A博物館やその食堂にも足を運んでいたことも日記に出てきます。そうした漱石のモリスとの接点が、帰国後の漱石の作品に色々現れてくる。今回の仙台・文学館での木戸浦氏の報告を含め、モリスと漱石の関係が、東北大の漱石文庫により、とても身近なものになったと感じています。

 ただし、日記や書簡を利用する際は、特に注意が必要だと思いました。日記は見せるものではなく、自分だけの忘備録のようなもので、漱石だけが簡単にメモしただけのようです。「モリス」少年か、それとも「Morris」の本か、両方か?あの世で漱石に聞いてみなければわかりません。宮沢賢治についても、書簡を巡りいろいろ議論がありますが、当事者だけしかわからないことが多い。なかなか難しいものだと思います。

[PR]
by kenjitomorris | 2015-03-02 19:12
<< 「賢治とモリスの館」今年もオー... 仙台・文学館で10周年記念会が... >>



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧