上野・国立西洋美術館のF・ブラングィン展
 NHK教育テレビの「日曜美術館」は「お気に入り」番組で、ほとんど毎週見ることにしている。そこで放送された、東京・上野の国立西洋美術館創立50周年記念の企画展「フランク・ブラングィン」展、ようやく見ることができました。3時間以上、たっぷり時間を掛けて鑑賞しました。やはり駆け足の見物はだめ、ゆっくり見ないといけませんね。今回は、ウイークデーで、午前中から、観客の少ない時間を狙いました。
 予め「日曜美術館」を見て、1)ブラングィンが、W・モリスの工房で働き、アーツ&クラフツの継承者であること。もう一つ、2)漱石が『それから』の中でブラングィンの作品を取上げて評価していた事、その2点を今度の50周年の企画展で作品を直接見て、自分なりに掘り下げたかった。そのために今回は特別に分厚く、立派な「カタログ」も購入、今後の勉強のため資料収集して来ました。(写真アップ)
 まず、1)についてですが、ブラングィンが働いたモリスの工房ですが、ロンドンのハンマースミスかと思ったら、小生の勘違いでクイーンズ・スクエアの工房でした。そこで、タペストリーのデザイン、デザイン原画から制作したようです。モリスは油絵など絵画は殆どない、しかしテキスタイルを中心に壁紙などもデザインした。ブラングィンの絵画は壁画など、壁面装飾として絵画を書いています。タペストリーや壁紙とともに、絵画も壁面装飾として生活の中に入る、そんな気が強くしました。考えてみれば、原始時代の穴倉生活にも壁画があり、絵画の原点ですかね?こんな見方で良いのか?これから考えたい点です。
 小生にとって、モリスの工房でブラングィンがクラフツマンとして働いた、それがすこぶる大事です。しかし、働いた場所とともに、さらにもう一つ、モリスの工房で働いた時期が大事です。カタログの年表では、1882-84年です。モリスは83年に母校のオックスフォード大で講演し、自らマルクスを学びラスキンを継承して、「社会主義者」の宣言をしました。さらに、社会民主同盟に参加したのも、この時です。その後、同志のB・Baxと共同で『社会主義』の論文を連載、さらに共著まで出版しているのです。モリスが社会主義者に解脱した、そのときにブラングィンは、モリスの工房で働き、アーツ&クラフツ運動を継承したのです。ブラングィンのモリス入門です。
 モリスは、83年のオックスフォードの講演で、彼の芸術のキーワードとも言える”Art is a man's expression of his joy in labor."と訴えました。芸術と労働との結びつきです。宮沢賢治は、そのモリスのキーワードを、詩のスタイルで「芸術をもて、あの灰色の労働を燃せ」と表現、有名な『農民芸術概論綱要』で花巻農学校の生徒や「羅須地人協会」の農民達に講義したのです。賢治は農民芸術論として、ブラングィンは沢山の壁面装飾画として、83年のモリスのアーツ&クラフツの芸術思想を継承したのです。小生にとっては大変大きな発見で、胸の高鳴りを覚えて会場を歩きました。
 こうしたブラングィンの働く人間の労働の芸術表現、それに松方幸次郎が魅了され、ロンドン留学の夏目漱石も惹きつけられた。漱石とモリスの接点は、このブログで何回か書いてきましたが、漱石はモリスと共に、それを継承しているアーツ&クラフツ運動のブラングィンに注目したのです。2)の論点ですが、漱石はロンドン留学中にモリスを読み、その頃ブラングィンは、モリスの仕事場があり、テームズ河の船着場ハマースミスに住んで、造船やそこに働く労働者の絵を精力的に描いていた。モリス―漱石―ブラングィン、3人の関係などを一歩一歩確かめながら、足を運びました。松方コレクション、そして国立西洋美術館の誕生、その経緯を学ぶことも出来たしだいです。
a0063220_11172443.jpg

[PR]
by kenjitomorris | 2010-05-27 19:31
<< 「クラフトマン21」の成果 「漱石発狂す」―夏目漱石のロン... >>



賢治とモリスの館 - 最新情報
by kenjitomorris
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
外部リンク
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 05月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
フォロー中のブログ
賢治とモリス<研究ノート>
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧